トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報] ベネッセこども基金 「重い病気を抱える子どもたちへの学び支援活動助成」

 公益財団法人 ベネッセこども基金は、未来ある子どもたちが、安心して学習に取り組める環境のもとで自らの可能性を広げられる社会を目指し、子どもたちを取り巻く社会的な課題の解決、および多様な学びの機会の提供に取り組んでいます。
 
 「重い病気を抱える子どもたちの学習支援活動助成」では、重い病気などによって学びへの意欲向上や学習支援などが必要な子どもたちに対して、学習の機会の提供や学習環境作りなどの活動に取り組む団体を支援します。

■ 助成対象となる事業テーマと活動
・重い病気により長期入院や長期療養をしている子どもたちの、意欲を高め、学びに取り組む手助けとなる事業
・特に、課題解決に向けた問題提起やユニークな視点を含んだ企画であり、同じ課題に取り組む人たちが参考にできるモデルとなることが期待できる活動
<事業例>
 ・子どもの学びの意欲向上につながるプログラムの開発と提供
 ・長期入院や長期療養によって学習機会が得にくい子どもたちへの学習サポート
 ・小児病棟や院内学級への、子どもたちの学びや遊びをサポートする人の育成と派遣
 ・子どもの学びに向かう環境づくりにつながる家族への支援や、支援者間ネットワークづくり など

■ 助成対象団体
上記助成テーマで活動を行っている以下の非営利団体
・特定非営利活動法人(NPO法人)、社団法人、社会福祉法人、財団法人等の非営利的活動を行う団体
・助成期間中の活動について、所定の方法で活動報告を行うことに了解する団体

■ 助成対象活動期間
2018年1月1日~2018年12月31日実施の活動

■ 助成金額
助成総額1,000万円以内
※1件あたりの金額は規定しないが、50~200万円程度を想定

■ 応募方法
メールまたは郵送
フォーマットはベネッセこども基金 経済的困難を抱える子どもたちの学習支援活動助成 ウェブサイトよりダウンロード

■ 募集期間
2017年7月3日(月)~8月31日(木)(必着)

■ 問合せ先
公益財団法人 ベネッセこども基金
 TEL:04-7137-2570  (月~金 10:00~17:00)
※祝日、2017年8月11日(金)~8月16日(水)を除く
 URL:http://benesse-kodomokikin.or.jp/

ベネッセこども基金 重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成 募集要項(PDF)

ベネッセこども基金 重い病気を抱える子どもたちの学び支援活動助成 チラシ(PDF)

  

[助成金等募集情報] 住友生命 第11回未来を強くする子育てプロジェクト 子育て支援活動の表彰

 住友生命保険相互会社は、未来を強くする子育てプロジェクトとして、「子育て支援活動の表彰」「女性研究者への支援」を行っています。

 「子育て支援活動の表彰」では、より良い子育て環境づくりに取り組む個人・団体を募集します。各地域の参考になる特徴的な子育て支援活動を社会に広く紹介し、他地域への普及を促すことで、子育て環境を整備し、子育て不安を払拭することを目的としています。

■ 対象
より良い子育て環境づくりに資する活動を行い、成果を上げている個人・団体
(規模は問いませんが、次の要件を満たすことが必要)
 ① 子育て支援に資する諸活動を継続的に行っていること。
 ② 活動内容が社会に認められ、ロールモデルとなりうるものであること。
 ③ 活動の公表を了承していただける個人・団体であること。
 ④ 日本国内で活動している個人・団体であること。

■ 応募方法
住友生命ウェブサイト 未来を強くする子育てプロジェクトから応募用紙をダウンロード
必要資料と一緒に送付する

■ 表彰
◎文部科学大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎厚生労働大臣賞/表彰状 ※スミセイ未来大賞の1組に授与
◎スミセイ未来大賞/表彰状、副賞100万円 ※2組程度
◎スミセイ未来賞/表彰状、副賞50万円 ※10組程度

■ 募集期間
2017年7月7日(金)~2017年9月8日(金)必着

■ 詳細
住友生命ウェブサイト 未来を強くする子育てプロジェクト 「子育て支援活動の表彰」
未来を強くする子育てプロジェクト チラシ表(PDF)
未来を強くする子育てプロジェクト チラシ裏(PDF) 参照

■ 問合せ先
「未来を強くする子育てプロジェクト」事務局
 〒102-0072 東京都千代田区飯田橋2-14-7 光ビル
 TEL:03-3265-2283(平日10:00~17:30)
 
 

[助成金等募集情報] 損保ジャパン日本興亜福祉財団 自動車購入費助成

 公益財団法人 損保ジャパン日本興亜福祉財団では、福祉及び文化の向上に資することを目的に、主として障害児・者、高齢者などを対象として活動するNPOの支援、社会福祉の学術文献表彰、学術研究・文化活動の助成などを実施しています。
 障害の有無にかかわらず、すべての人が地域の中でともに支えあいながら暮らすことのできる社会づくりの一助となるよう、2017年度の「自動車購入費助成」を行います。

■ 対象となる団体
下記<1>~<3>のすべてを満たしている団体
<1> 募集地域
東日本地区(以下の都道府県)に所在する団体
北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬・山梨・新潟・長野・富山・石川・福井・愛知・岐阜・
静岡・三重
<2> 助成対象者
特定非営利活動法人
<3> 助成対象事業
主として障害者の福祉活動を行う団体
※加齢に伴う障害者(高齢者)の福祉活動団体は除く

■ 助成金額
自動車購入費 1件100万円まで(総額1,000万円)

■ 申請方法
(1)申し込みフォームに入力し送信
(2)追加資料を郵送
 
 詳細は、損保ジャパン日本興亜福祉財団ウェブサイト「自動車購入費助成」をください。

■ 募集期間
2017年6月1日(木)~7月14日(金)17:00まで

■ 問合せ先
損保ジャパン日本興亜福祉財団
 〒160-8338 東京都新宿区西新宿1-26-1損保ジャパン日本興亜本社ビル
 TEL:03-3349-9570
 FAX:03-5322-5257
 E-mail:メールフォームより送信
 URL:http://www.sjnkwf.org/
 

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 赤い羽根共同募金 広域配分

 社会福祉法人群馬県共同募金会からのお知らせです。

 平成29年度共同募金(30年度事業)の配分申請受付を8月1日から9月15日まで受け付けます。
 「赤い羽根共同募金」は、県民の皆さんから寄せられる、福祉のための募金です。この大切な募金を使って、身近な福祉課題をみつける・解決する・笑顔を繋げる活動をしませんか。

 ※共同募金の助成には、広域活動を支援する「広域配分」と、市町村域内の活動を支援する「地域配分」があります。以下の記載は「広域配分」についての案内です。「地域配分」は各市町村支会が行います。(地域配分については、各市町村支会へお問合せください)

<施設・設備・備品整備配分>
地域福祉活動・福祉サービス提供を直接行う場となる建物を増改築・改修・修繕し、または地域福祉活動・福祉サービス提供に直接使用する設備・備品を購入する事業
※保育所・学童保育所・地域活動支援センターなど、地域配分の対象となるものを除く
※介護保険事業は建物改修のみ対象
※単に整備することを目的とせず、解決しようとしている地域福祉課題を的確にとらえ、その解決に貢献する企画内容であること

■ 申請できる団体
社会福祉法人、更生保護法人、公益(一般)社団(財団)法人、特定非営利活動法人、任意団体

■ 配分上限額
100万円(配分率75%)
※建物工事等の場合は法人のみ申請可
申請法人の所有または長期貸借契約の民間物件に限る

<車両整備配分>
地域福祉活動・福祉サービス提供に直接的に日々使用する自動車を購入する事業
※介護保険事業は対象外

■ 申請できる団体
社会福祉法人、更生保護法人、公益(一般)社団(財団)法人、特定非営利活動法人
(任意団体は申請できない)

■ 配分上限額
200万円(配分率75%以下)
(車種・形態によって標準額を設定して審査)

<事業経費配分>
地域福祉の増進を図ることを目的とした次の事業
・公的制度では対応できない福祉サービスを、地域住民の理解と協力を得ながら実施する事業
・福祉施設の有する機能を生かして地域住民に対する福祉サービスを提供する事業
・地域住民や福祉関係者などを対象とした各種啓発、講演、研修等の事業
・地域福祉の課題を解決すべく関係団体と連携して行う事業
※地域配分対象の団体であっても、県内広域の福祉向上に資する事業や先駆的事業であれば申請できる

■ 申請できる団体
社会福祉法人、更生保護法人、公益(一般)社団(財団)法人、特定非営利活動法人、任意団体

■ 配分上限額
100万円(配分率75%以下)
※機関誌・広報誌発行事業は配分条件あり

■ 事業数
上限額範囲内で3事業まで分割可

<運営費配分>
福祉活動を目的として設立された団体の活動経費

■ 申請できる団体
広域で活動する特定非営利活動法人または任意団体
設立後5年(または活動再開後3年)を目安

■ 配分上限額
10万円

 広域助成について、詳しくは
群馬県共同募金会ウェブサイト
赤い羽根共同募金助成申請(PDF)をご覧ください。


 

<申請説明会>
 平成29年度共同募金(30年度事業)の配分申請受付を8月1日から開始するにあたり、説明会を開催します。
■ 日時:平成29年8月2日(水) 13:00~16:00

■ 場所:群馬県社会福祉総合センター203会議室(前橋市新前橋町13-12)

■ 参加費無料 

■ 申込み方法
 事前申込が必要 
 電話、FAX、E-mailのいずれか

■ 申込み締切
平成29年7月25日(火)

■ 詳細
群馬県共同募金会ウェブサイト 赤い羽根募金の配分申請説明会を開催します。
共同募金配分申請説明会(PDF)参照

■ 申込み・問合せ先
社会福祉法人群馬県共同募金会
 〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町13番地の12
 TEL:027-255-6596(平日8:30~17:15)
 FAX:027-255-6214
 E-mail:info2@akaihane-gunma.or.jp

[助成金等募集情報] 平成29年度みやぎ地域復興支援助成金(県外避難者支援関係)二次募集

 宮城県からのお知らせです。

 平成29年度みやぎ地域復興支援助成金(県外避難者支援関係)二次募集を行っています。

■ 助成対象事業
 宮城県から避難した被災者に対する避難生活の安定及び帰郷支援に資する事業

■ 助成対象
 被災者支援を行っている団体等(法人格の有無は問いません)

■ 助成金額
 所要額 1,000千円以内

■ 募集期間
 平成29年6月30日(金)午後5時まで(必着)

 詳しくは、宮城県ウェブサイト「「みやぎ地域復興支援助成金」特定タイプ(県外避難者支援)平成29年度事業募集のお知らせ(2次募集)」をご覧ください。

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 赤い羽根共同募金 配分申請説明会

 社会福祉法人群馬県共同募金会からのお知らせです。

 平成29年度共同募金(30年度事業)の配分申請受付を8月1日から開始するにあたり、説明会を開催します。

■ 日時:平成29年8月2日(水) 13:00~16:00

■ 場所:群馬県社会福祉総合センター203会議室(前橋市新前橋町13-12)

■ 参加費無料 

■ 申込み方法
 事前申込が必要 
 電話、FAX、E-mailのいずれか

■ 詳細 
群馬県共同募金会ウェブサイト 赤い羽根募金の配分申請説明会を開催します。参照
共同募金配分申請説明会(PDF)

■ 申込み締切
平成29年7月25日(火)

■ 申込み・問合せ先
社会福祉法人群馬県共同募金会
 〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町13番地の12
 TEL:027-255-6596(平日8:30~17:15)
 FAX:027-255-6214
 E-mail:info2@akaihane-gunma.or.jp
 URL:http://www.akaihane-gunma.or.jp/

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 「高齢者・障害者支援ボランティア活動及び社会福祉施設等(保育園)の整備に対する助成」

 社会福祉法人群馬県共同募金会からのお知らせです。

 車両競技公益資金記念財団が実施する「高齢者・障害者の支援を目的とするボランティア活動に対する助成」及び「社会福祉施設等(保育園)の整備に対する助成事業」について、群馬県共同募金会が窓口となって推薦を行います。

①「高齢者・障害者の支援を目的とするボランティア活動に対する助成」
■ 助成対象事業
 国内において実施される、社会福祉のためのボランティア活動であっ
て、次に掲げるボランティア活動に必要な各種器材の助成事業とする。
ア.高齢者、心身障害児(者)に対するボランティア活動に直接必要な
器材の整備事業に対し、購入費用を助成する。
イ.整備する器材は、新たに購入するものであり、原則として、消耗
品、汎用事務機器、自動車、及び地域集会場(自治会館等)の備品
整備事業については助成の対象としない。
ウ.収益事業は助成の対象としない。
エ.助成を受けた後2年間は、助成の対象としない

■ 助成対象経費
 法人の運営に必要な人件費等の経常経費、PR事業、調査研究事業、イベント等の経費を除く、当該事業に直接必要と認められる器材整備の経費とし、その額は50千円を超えるもの

■ 助成率90%、助成上限額90万円

■ 活動に直接使用する器材整備

■ 申請〆切 2017年7月14日(金)

詳しくは、平成29年度 高齢者、障害者等の支援を目的とするボランティア活動に対する助成要項(PDF)をご覧ください。

②「社会福祉施設等(保育園)の整備に対する助成事業」
助成率50%、助成上限額300万円
完成後15年以上経過した保育所施設の原状回復補修
申請〆切 2017年7月18日(火)
②については、障害者支援施設及び更生保護施設も対象
(申請先は車両財団へ直接)

■ 詳細
赤い羽根共同募金ウェブサイト「高齢者・障害者支援ボランティア活動及び社会福祉施設等(保育園)の整備に対する助成について」をご覧ください。

■ 問合せ先
群馬県共同募金会事務局
 TEL:027-255-6596
 URL:http://www.akaihane-gunma.or.jp/

[助成金等募集情報] (公財)日本生態系協会 関東・水と緑のネットワーク

 第9回『関東・水と緑のネットワーク』
~将来に残したい『自然・風景・人』のつながり~

 現在、関東地方では都市化が進み、私たちの生活は大変豊かで便利になりました。しかしその陰で、多くの自然が減り、そこに住んでいた生きものたちの生きる場所がなくなりつつあります。そのことは、私たちの生活を自然のリズムから切り離し、自然環境の異変や人間社会の問題となって、私たちの生活に様々な影響を及ぼしています。
 こうした現状を受け、多くの生きものたちとともに暮らす生活を取り戻す必要性を感じて、日々活動されている方々がいます。この事業では、自然と共存した持続可能な地域づくりを進めている方々を応援していくことを目指します。

■ 募集対象
<地域>
関東地域1都7県
(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)

<場所>
関東地域の水と緑のネットワークの形成につながる身近な自然環境
・ 河川敷や公園、雑木林、学校の校庭、企業の敷地内の草地や樹林など広く対象
・ 面積の大小や土地の所有者(公有地、民有地)の別などは問いません。
※ただし、その場所が自然環境の保全・再生に貢献していること、一定の公共性を有する公開が行われていることが求められます。(希少種の保護などを目的として、立ち入り制限をしている場合などはこの限りではありません。)

<実施主体>
・ 市民活動団体(法人格の有無・種類は問いません)
・ 保育園、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校等教育機関
・ 企業、団体
・ 地方自治体
・ 個人   など

■ 選定地に対する支援内容
(1)物理的支援
水と緑のネットワーク拠点としての質を向上させる取り組みに対する金銭的支援
※支援額の目安は上限20万円
※団体の運営に係る経費(事務所賃貸料、備品購入費など)は対象外
※パソコン、デジタルカメラなどの汎用性が高い物品購入費は対象外
※人件費は支援対象外
ただし講演会、勉強会などの講師への謝金、植生管理作業などの外部委託(短期に限る)等は対象
※申請する場合は、依頼先(講師名、委託団体名など)と予定する内容を明記してください。謝金等と交通費を分けて記載してください。

〔支援例〕
・自然体験活動に使用する物品購入費
・パンフレット、報告書作成費
・講演会(勉強会)の講師謝礼
・出前講座に使用する機材、教材、資料印刷
・連携を計画している団体や地域への視察費用

(2)技術的支援
 選定地の環境に適した保全管理方針や日常的な維持管理手法、周辺の多様な主体との連携方策について、アドバイスや情報提供をします。
※活動場所の現状・課題と目標を含めて、希望する支援内容を具体的に記載してください。

〔支援例〕
・現状に適した植生管理の技術指導
・維持管理手法、外来生物駆除等の技術指導
・拠点の利活用について情報提供
・広報資料の活用策についてアドバイス
・団体間での交流促進方策について

● 近隣の学校、市民団体等と連携した取り組みや周辺の自然地(ビオトープ)との連結を促進する取組を特に支援します。
● その他、ウェブサイトでの選定地および活動内容の紹介など、全選定団体を対象に普及・広報などの支援を実施します。

■ 応募書類
『関東・水と緑のネットワーク』 ウェブサイトよりダウンロード

■ 応募締切
平成29年6月30日(金)必着

■ 問合せ先
 公益財団法人 日本生態系協会 内 「関東・水と緑のネットワーク」係
 〒171-0021 東京都豊島区西池袋2-30-20 音羽ビル
  tel.03-5951-0244  fax.03-5951-2974(代表)
  100select (at) ecosys.or.jp
  ※ (at) は @ に、ドット(.)は半角(.)に置き換えて下さい.

[助成金等募集情報] 群馬県「地域の結婚応援事業費補助金」対象事業の募集

 群馬県は、少子化対策の一環として、若者の「家族の理想」実現を応援する取組を県内各地域に広げていくため、民間団体等の取組を支援する補助制度を実施します。補助金の対象事業を以下のとおり募集します。

■ 対象事業の要件
 原則として広く参加者を募集するもの(1回あたり少なくとも20名程度)
 今後、取組を県内に広域的に広げようとする意図を有するもの又は実際に広域化を試みる取組であること。

 以下のいずれかに当てはまるもの
① 多様なライフプランニング支援(例:若年層に対するライフデザイン構築セミナーなど)
② ワーク・ライフ・バランスや男性の家事・育児等の推進に資する多様な交流の機会の提供(例:性別役割分担意識や働き方改革等をテーマとしたセミナーあるいはワークショップ、赤ちゃんとの触れあい体験を通じた交流の場など)
※国及び県の他の補助金を受けて実施するものは除きます。また、婚活を主たる業務とする企業が、当該業務に関連して営利活動を行う事業は補助の対象外となります。

■ 対象団体
・特定非営利活動法人、社会福祉協議会、商工会議所、商工会、大学、その他民間の非営利団体
・3社以上の複数企業で構成される団体

■ 対象事業の期間
平成29年7月28日(金)~平成30年3月14日(水)に実施する事業

■ 補助基準額
1団体等につき250,000円以内(対象経費の10分の10以内)
※補助金の予算総額は750万円

■ 対象経費
講師謝金・旅費、会場使用料、会場設営費、託児委託料、広報費、資料代、
通信費、消耗品費、振込手数料等
※備品購入費及び参加者の飲食費や交通費等は対象外

■ 募集期間
平成29年5月22日(月)~6月30日(金)必着

■ 申請書
群馬県ウェブサイト「地域の結婚応援事業費補助金」対象事業を募集します からダウンロード

■ 問合わせ先
群馬県 こども未来部こども政策課 少子化対策係
 TEL:027-897-2725
 FAX:027-226-2100
 E-mail:kodomo-mirai@pref.gunma.lg.jp

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 つかいみちを選べる赤い羽根共同募金 活動団体エントリー募集

 群馬県共同募金会から、つかいみちを選べる赤い羽根共同募金 活動団体エントリー募集のお知らせです。

■ 対象となる分野・活動
配分対象とする活動分野は地域福祉及び他分野との境界とし、公的制度では解決できない様々な課題の解決に取り組む活動とします。

■ エントリー団体の要件
・福祉に係る社会課題、地域課題を的確に捉えた活動であること。
・課題解決の必要性を広く住民に伝え、共同募金の一環として募金呼びかけができること。
・主に群馬県内で活動する民間の非営利団体で、3人以上の会員で組織し、団体としての活動実績が1年以上であること。(法人格の有無は問わない。)
・政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
・寄付者からの信頼に十分に応えうる組織体制をもち、事業内容及び会計情報を公開できること。

■ 募集要項・申請書
つかいみちを選べる赤い羽根共同募金 募集要項(PDF)
申請書は、赤い羽根共同募金ウェブサイト 「つかいみちを選べる赤い羽根募金」平成29年度エントリー団体募集よりダウンロードする

■ 提出締切
平成29年6月20日(火)(必着)

■ 問合せ先
社会福祉法人 群馬県共同募金会
 〒371-0843 群馬県前橋市新前橋町13番地の12
 TEL:027-255-6596
 FAX:027-255-6214
 URL:http://www.akaihane-gunma.or.jp/