トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報] 公益財団法人国際緑化推進センター 「緑の募金事業」による交付金助成(国外における森林整備・緑化活動)」

 公益財団法人国際緑化推進センターから、「緑の募金事業」による交付金助成(国外における森林整備・緑化活動)」のお知らせです。

 「緑の募金事業」では、ボランティア団体などによる国外における森林保全活
動や緑化活動を促進するため、それらの活動への助成を行っています。
 平成30年度の公募事業が開始されましたので、お知らせします。

 公募期間:2018年2月15日~3月31日(当日消印有効)
 実施期間:2018年7月1日~2019年6月30日の間
 助成額: 300万円まで

 申請を希望される団体は、申請書および募集案内に記載された必要書類を3月
31日までに、下記宛てお送りください(当日消印有効)。
 また、併せて、「緑の募金公募事業応募申請書」のエクセルファイルをメール
にて送付願います。 

 詳しくは、以下をご覧ください。

 国際緑化推進センター ウェブサイト

 緑の募金事業 ウェブサイト

 H30緑の募金 募集案内(PDF) 

H30緑の募金 申請書(excel)

 応募先:公益財団法人 国際緑化推進センター 
 担当: 佐野恵美子  (emiko@jifpro.or.jp)
 〒112-0004 東京都文京区後楽1-7-12
 TEL: 03-5689-3450

[助成金等募集情報] 公益財団法人あしたの日本を創る協会 地域活動団体への助成「生活学校助成」

 公益財団法人あしたの日本を創る協会から地域活動団体への助成「生活学校助成」のお知らせです。

 生活学校とは、身近な地域や暮らしの問題を、学び、調べ、企業や行政と話し合い、ほかのグループとも協力しながら、実践活動のなかで解決し、生活や地域や社会のあり方を変えていく…そんな活動に取り組むグループです。 
「生活学校」の趣旨に賛同し、参加を希望する団体の募集を行い、活動経費の助成を行います。

■ 対象団体(①及び②に該当する団体)
① 身近な地域や暮らしの課題解決に取り組む地域活動団体
② 全国の生活学校が連携して行う全国運動に参加する意向のある団体

■ 助成金額
 6万円(初年度3万円、2年目3万円)

■ 申請書の入手方法
 下記問い合わせ先までメールでご連絡のうえ、申請書をお取り寄せください。

■ 申請方法
 次の2点の書類をご提出ください。
  ① 申請書(必要事項を記入)
  ② これまでの活動がわかる会報または資料等(A4サイズ1~2枚程度)

■ 応募締切
2018年3月30日(金)必着

■ 問合せ先
 公益財団法人あしたの日本を創る協会 生活学校担当
  〒113-0033 東京都文京区本郷2-4-7 大成堂ビル4階
  TEL:03-6240-0778  FAX:03-6240-0779  
  E-mail:ashita@ashita.or.jp
  URL:http://www.ashita.or.jp/sg2.htm

[助成金等募集情報] NHK厚生文化事業団「わかば基金」

 NHK厚生文化事業団「わかば基金」からのお知らせです。

 「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動をしているグループに、支援金やリサイクルパソコンを贈り、その活動を広げてもらおうというものです。
 また「災害復興支援」部門では、激甚災害指定された自然災害の被災地で福祉活動や地域の再生に向けて尽力しているグループの応援もしています。

 申請受付は2018年2月1日(木)から、締切は2018年3月30日(金)必着です。

■ 支援内容
①「支援金」部門  10グループほどを予定
(支援金 1グループにつき最高100万円)

②「リサイクルパソコン」部門  ノートパソコン 50台ほど
 (贈呈台数 1グループにつき3台まで)

③「災害復興支援」部門 5グループほどを予定
(支援金 1グループにつき 最高100万円)

■ 支援対象
 日本国内の一定地域に活動拠点を設け活発な福祉活動を進めているボランティアグループやNPO。
 例えば以下のような活動をしているグループです。
 ・高齢者や障害のある人の日常生活や文化活動を支援している。
 ・福祉情報の提供やネットワークづくりをしている。

 ※ 詳細は下記URLをご参照ください。
募集要項や申請書もダウンロードできます。
https://www.npwo.or.jp/info/7341

■ 申込み方法・締切
申込み方法
 規定の申請書に必要事項を記入の上、当団へ郵送(郵送のみ受付)。
締切
 2018年3月30日(金) 必着/郵送のみ受付

■ 発表
2018年6月末、応募団体に郵送で通知

■ 選考
選考委員会で審査の上、支援先を決定します。
 
■ 申込み・問合せ先
NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
 TEL:03-3476-5955
 FAX:03-3476-5956
 E-mail:info@npwo.or.jp
 URL:https://www.npwo.or.jp/info/7341

[助成金等募集情報] 認定NPO法人イーパーツ 寄贈プログラム公募のご案内 第16回複合機およびラベルライター寄贈プログラム

 認定NPO法人イーパーツからのお知らせです。

 認定NPO法人イーパーツでは、情報化支援を目的としたパソコンおよび周辺機器の寄贈プログラムを行っています。

 「第16回複合機ラベルライター寄贈プログラム」のご案内です。
この機会にぜひ申請をご検討ください、お待ちしております。

————————————————————–
第16回複合機およびラベルライター寄贈プログラム(1/31まで)
————————————————————–
【公募期間】2017/12/24~2018/1/31(消印有効)

【寄贈内容】
電話機付インクジェットFAX複合機、A3両面対応インクジェット複合機、
A4両面対応モノクロレーザー複合機、A4両面対応カラーレーザープリンタ、
ラベルライター、など計48台です。すべてブラザー製です。

【費  用】1台あたり1,000円~5,000円(機種によって異なります)

【詳細、申込み方法】下記URLをご参照ください。
http://www.eparts-jp.org/program/2017/12/device-brother16.html

—–
【問合せ先】
認定NPO法人イーパーツ
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋2-55-8 パレグレイス501
TEL:03-5481-7369(PM1~5) / FAX:03-6805-2728
URL: http://www.eparts-jp.org / E-mail: info@eparts-jp.org

[助成金等募集情報] 平成30年度WAM助成・WAM助成モデル事業募集

 独立行政法人福祉医療機構からのお知らせです。

平成30年度WAM助成及びWAM助成モデル事業 募集開始!

 WAM助成は、NPOなどの民間の団体が取り組む福祉活動を助成金で支援する制度です。
 現在、平成30年度分の助成対象事業を募集しております。募集要領、助成テーマ等については、こちらのページよりご確認をお願いいたします。

■ 平成30年度WAM助成(社会福祉振興助成事業)の募集について
 http://hp.wam.go.jp/guide/jyosei/H30boshu/tabid/2684/Default.aspx

■ 平成30年度モデル事業の募集について
~「居場所」運営を通じた子育て・子育ち環境向上事業~
 http://hp.wam.go.jp/guide/jyosei/H30model/tabid/2690/Default.aspx

応募締切は、平成30年1月29日(月)です。(※必着)

選定結果については平成30年4月上旬を目途に公表いたしますので、年度当初からの事業実施が可能です。
たくさんのご応募をお待ちしております!!

WAM助成募集説明会(WAM助成セミナー)の参加者を募集中です!

 平成30年度WAM助成募集の概要説明、優れた助成事業と計画立案に向けたポイント等をご紹介いたします。
 また、個別助成相談(希望者のみ:事前予約制)では、WAM職員が応募にあたっての相談を承ります。

 詳細およびお申込みはこちらのページにあります「リンク」からお願いします。
 http://hp.wam.go.jp/guide/jyosei/tabid/2685/Default.aspx

【日時・場所】
・東京会場…1月15日(月)13時00分~14時30分
      霞が関ビルディング 霞が関プラザホール(東京都千代田区)
      <優良事例紹介団体>
       団体名 一般社団法人インクルージョンネットかながわ
       事業名 「鎌倉地域における子どもの学習支援事業」

・大阪会場…1月16日(火)13時00分~14時30分
      TKPガーデンシティ新大阪(大阪市淀川区)
      <優良事例紹介団体>
       団体名 特定非営利活動法人暮らしづくりネットワーク北芝
       事業名 「生活困窮に陥った若者主体の地域づくり事業」

・福岡会場…1月19日(金)13時00分~14時30分
      福岡県中小企業振興センター(福岡市博多区)
      <優良事例紹介団体>
       団体名 認定NPO法人SOS子どもの村JAPAN
       事業名 「虐待防止の校区里親開拓と家庭養護推進事業」

 たくさんの皆さまのお申込みをお待ちしております!!!

■ 問合せ先
独立行政法人福祉医療機構 NPOリソースセンター NPO支援課
 TEL:03-3438-4756

[助成金等募集情報] パブリックリソース財団 「未来につなぐふるさと基金」

 パブリックリソース財団からのお知らせです。

 パブリックリソース財団とキヤノンマーケティングジャパンが立ち上げた「未来につなぐふるさと基金」では、生物多様性に関する市民参加型プログラムを協働で実施する団体を募集しています。
 協働団体が実施する市民参加型プログラムを支援するとともに、協働団体から提供された写真や動画などを、キヤノンホームページ内の生物多様性サイトから発信します。
 以下の目的にご賛同いただき、生物多様性の啓発に共に取り組んでいただけるみなさまのご応募をお待ちしています。

■ 「未来につなぐふるさとプロジェクト」の目的
1)生物多様性の保全
協働団体が実施する市民参加型プログラムを通じて、生物多様性の保全を目指します。
2)プログラム参加者に向けた啓発
市民参加型プログラムを通じて、参加者に向けた啓発に取り組みます。
3)社会に向けた啓発
協働団体から提供される生物多様性に関する情報発信用コンテンツ(写真・動画・解説文など)をキヤノンホームページ内の生物多様性サイトに掲載します。また、様々な情報発信媒体を通じて、社会に向け生物多様性の啓発に取り組みます。

■ 対象となるプログラム
生物多様性の保全・啓発を目的とした、以下のいずれかに該当する市民参加型プログラム
① 【たべる】地域で生産された農産物を、その地域で飲食することを通じて、農産物そのものやそれを取り巻く気候・風土への関心を広げる活動
 (例)米や野菜の生育環境の学習
② 【ふれる】自然や動植物とのふれあいを通じて、生物のつながりを体験する活動
 (例)自然探検ツアー、昆虫の観察
③ 【つたえる】自然や動植物を観察し、記録・表現する活動
 (例)生き物観察マップづくり、生き物フォトコンテストや写真展の開催
④ 【まもる】自然や生きものを調査・保全・再生する活動
 (例)里山の保全や干潟の清掃

■ 支援内容
(1)助成金:1団体あたり50万円
(2)上記助成金に加え、助成金以外の支援を提供致します。
  ① 専門性や組織運営力、広報力などを向上させるための支援
  ② 「生物多様性をテーマとした写真教室」実施援助
  ③ 報告会等でのノウハウ共有

■ 対象団体
NPO法人、一般法人、公益法人、任意団体などの市民活動団体

■ 募集団体数
5団体(地域バランスを考慮して決定します)

■ 応募期間
2017年11月1日(水)~2018年1月10日(水)

■ 応募条件
① 支援期間中に、市民参加型プログラムを年3回以上企画・実施できること
② うち1回は、「生物多様性をテーマとした写真教室」を組み入れて実施すること
③ 生物多様性の啓発、自団体の組織力強化に意欲的であること
④ 協働団体の役割を果たすことが可能であること(「役割」の詳しい内容については、応募案内をご参照ください)
⑤ 本基金の助成終了後、2年間は再度応募できません。
 (例:2017年度助成終了団体は2018年度、2019年度は応募できません)

■ 応募方法
以下の応募書類(各5部)を、「未来につなぐふるさと基金」まで郵送または宅配便でお送りください。(2018年1月10日消印有効)
応募用紙
直近年度の決算書類
直近年度の事業報告書

■ 募集要項、応募用紙のダウンロード
パブリックリソース財団 ホームページ 「未来につなぐふるさと基金」よりダウンロード

■ 問合せ先
公益財団法人 パブリックリソース財団
「未来につなぐふるさと基金」 担当:新井
 〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25 202
 TEL: 03-5540-6256 / Fax: 03-5540-1030 (土日祝日休み)
 E-mail: furusato@public.or.jp
 URL:http://www.public.or.jp/

[助成金等募集情報] 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 住まいとコミュニティづくり活動助成

 一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団からのお知らせです。

 「住まいとコミュニティづくり活動助成」(平成30(2018)年度)の助成対象団体を募集します。(平成30年1月10日(水)必着)

 住まいとコミュニティづくり活動助成は、住まいづくりやまちづくり、地域づくりに取り組むNPO・市民活動団体を支援する助成プログラムです。

■ 対象となる団体
営利を目的としない民間団体
(特定非営利活動法人、法人化されていない任意の団体など)
団体として、代表責任者が明確であること
意思決定のしくみが確立されていること
予算決算を含む会計処理が適切に行われていること

■ 助成期間
平成30(2018)年4月1日~平成31(2019)年3月31日

■ 応募締切
平成30(2018)年1月10日(水)必着

■ 助成金額
1件あたり120万円以内

 詳しくは、一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団 ホームページをご覧ください。

■ 問合せ先
一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
 〒108-0014 東京都港区芝4-2-3 NMF芝ビル4階
 TEL:03-6453-9213 FAX:03-6453-9214
 URL:http://www.hc-zaidan.or.jp/

[助成金等募集情報] 日本自然保護協会 平成29年度日本保護大賞

 公益財団法人 日本自然保護協会からのお知らせです。

 平成29年度日本保護大賞の応募を受け付けています。(2018年1月5日必着)

 自然保護と生物多様性保全に貢献した、子どもから大人までのすべての個人と団体、企業、自治体の優れた取り組みを顕彰します。

■ 応募部門
・保護実践部門
 市民、大学生、専門家、企業、行政などがそれぞれの立場と特性を活かしながら、具体的な自然保護の実績をあげた活動、研究
・教育普及部門
 自然観察指導員をはじめ、広く自然保護を目的とした教育・普及活動
・子ども・学生部門
 小学生から高校生まで、子どもが主体的に取り組んだ活動、研究

■ 募集要項
日本自然保護大賞 ホームページをご覧ください

■ 応募方法
日本自然保護大賞 応募フォームより応募

■ 応募締切
2018年1月5日(必着)

■ 問合せ先
公益財団法人 日本自然保護協会 日本自然保護大賞担当
 〒104-0033 東京都中央区新川1-16-10 ミトヨビル2F 
 TEL:03-3553-4101
 FAX:03-3553-0139
 E-mail:award@nacsj.or.jp

[助成金等募集情報] 中央共同募金会 「赤い羽根福祉基金」

 社会福祉法人 中央共同募金会からのお知らせです。

 誰もが支え、支えられる地域づくりをサポートする「赤い羽根福祉基金」の平成30年度助成応募を受け付けています。

 赤い羽根福祉基金は、全国で共通する生活課題や福祉課題を取り上げ、多くの団体・機関と連携・協働しながら、必要な活動や人材、ネットワークなどの社会資源を創り出すことをめざしています。

 年間助成上限額は、1,000万円です。

 応募期間は、平成29年12月21日から平成30年1月24日までです。

 詳しくは、中央共同募金会 ホームページをご覧ください。

 中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」(PDF)
 

■ 問合せ先
社会福祉法人中央共同募金会 基金事業部(担当:小田・土橋・丁・戸石)
 〒100-0013 東京都千代田区霞が関 3-3-2 新霞が関ビル 5 階
 TEL:03-3581-3846  FAX:03-3581-5755
 応募書類送信用 E-mail: kikin-oubo@c.akaihane.or.jp
(問合せ用E-mail: kikin@c.akaihane.or.jp)

 

[助成金等募集情報] 前橋市「幼児2人同乗用自転車購入費の一部助成」

 前橋市では、幼児2人同乗用自転車購入費の一部を助成します。

 助成の対象となる自転車は、強度や安全性について、社団法人自転車協会が認定した自転車です。

 ※自転車購入後、1年以内に申請してください。

 
■ 助成の内容
<対象となる自転車>
・社団法人自転車協会の制定している「幼児2人同乗用自転車安全基準」に適合し、「幼児2人同乗基準適合車BAAマーク」が貼付され、自転車製造メーカー指定のハイバック形幼児用座席(オプションで同時に設置する場合を含む。)を装備したもの

・当該自転車を、自らが養育する子どもの認定こども園、幼稚園、保育所等への送迎のために主に使用していること。

<助成金額>
購入費の2分の1(100円未満切捨て、限度額40,000円)

■ 申請に必要なもの
交付申請書、交付請求書
領収書の原本(申請者の氏名、購入品目及び購入明細金額が明記されているもの)
(注)購入品目と購入価格のみが記載されているレシートでは、受付できません。
製造メーカー保証書のコピー
(型番、製造番号、保証期間、申請者の氏名、住所等が明記されており、購入先のわかるもの)
印鑑(認印でも可)
助成金振込先通帳(申請者と同一名義に限ります。)
完納証明書(市税に滞納がないことを示す証明書・申請者本人のもの)

 詳しくは、前橋市ホームページ「幼児2人同乗用自転車購入費助成金の申請について」をご覧ください。

■ 問合せ先
子育て支援課(前橋市保健センター2階)
 TEL:027-220-5701(直通)
 FAX:027-243-6474