トップページ > お知らせ

お知らせ

2017年10月

[助成金等募集情報] 中央ろうきん若者応援ファンド2018

 中央労働金庫より、「中央ろうきん若者応援ファンド2018」のお知らせです。

 現在公募中の「中央ろうきん若者応援ファンド2018」の受付締切は、
今週10/27(金)必着です。

 対象は、中央ろうきんエリア内(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・山梨)で若者の自立就労支援に取り組む、民間・非営利団体(任意団体含む)の皆さまです。

 関東を中心に活動されている若者支援団体の皆さまからのご応募をお待ちしております。

 詳細は、以下のご案内文 および 中央ろうきんホームページをご覧ください。

 受付期間:2017年10月2日(月)~10月27日(金)必着
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ 「中央ろうきん若者応援ファンド2018」公募開始のご案内 ■□■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

―社会的不利・困難を抱える若者の“はたらく”を応援する助成制度―

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

◆若者の就労支援に特化した市民活動に、最高200万円の助成金

…………………………………………………………………………………………
1.対象となる事業(テーマ・活動内容) 
…………………………………………………………………………………………
家庭環境や経済状況、病気や障害などの諸事情による社会的不利・困難を抱え、
不安定な就労や無業の状態にある若者(15歳~39歳)の“はたらく”を
応援するために、多様な人・組織が連携して取り組む事業

(1)対象となるテーマ
【A】若者応援の出口をつくる、出口につなげるプログラム
   〔生活保障、生活支援、就労支援、中間的就労、雇用創出など〕
【B】若者と社会をつなぐ支援者(スタッフ・ボランティア)を育てるプログラム
   〔人材育成、スキルアップ、支援者拡大など〕

(2)対象となる活動
 ・ 新規プログラムの立上げ〔今回初めて取り組む活動〕
 ・ 既存事業のスケールアップ〔自団体の活動の質の向上や、量・エリアの拡大を目指す活動〕
 ・ 既存事業のスケールアウト〔ノウハウの移転やモデル展開を図る活動〕

…………………………………………………………………………………………
2.対象となる団体
…………………………………………………………………………………………
上記1.の事業に取り組む市民団体で、以下のすべての要件を満たす団体。
 
 ・ 営利を目的としない民間団体(NPO法人、任意団体など)であること。
 ・ 1都7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)を
   主たる活動の場としていること 〔上記範囲で広域的に活動する団体も対象とします〕。
 ・ 団体として、代表者責任が明確であり、会計処理が適切に行われていること。
 ・ 反社会的勢力でないこと。

…………………………………………………………………………………………
3.助成期間と金額
…………………………………………………………………………………………
(1)助成対象期間
  2018年4月1日から翌年3月31日 までの1年間

(2)助成総額
  概ね1,500万円

(3)助成金額  
  1団体あたり50万円~200万円(1万円未満切り捨て)
  ※ 過去に本ファンドの助成を受けた団体の応募上限額は、100万円となります。

(4)助成対象経費
  応募事業を実施するために必要な経費とします(人件費可)。
  各費目の上限額や助成率等の制限はありません。

…………………………………………………………………………………………
4.応募受付期間
…………………………………………………………………………………………
2017年10月2日(月)~10月27日(金)必着(郵送のみ受付)

…………………………………………………………………………………………
□■ 中央ろうきん社会貢献基金特設サイト ■□
…………………………………………………………………………………………
▼募集要項・応募用紙はこちらからダウンロード↓
http://chuo.rokin.com/about/csr/assistance/youth_support/guideline/
…………………………………………………………………………………………
□■ 『若者応援ファンド2016報告書』のご提供について ■□
…………………………………………………………………………………………
中央ろうきん社会貢献基金では、『若者応援ファンド2016』の助成を
受けた団体の活動紹介、選考委員の所感等を掲載した「報告書」を
発行しています。

ご希望の方へ郵送(無料)にてお送りいたしますので、
①お名前、②ご所属、③郵送先を明記のうえ、
以下の問い合わせ先までメールにてご連絡ください。
(送付は1冊とさせていただきます)

『中央ろうきん若者応援ファンド2016』報告書
・体 裁:A4版16頁
・発行日:2017年4月
・発 行:中央ろうきん社会貢献基金
・制作編集:有限会社ビッグイシュー日本

——————————————————————
◎本件に関するお問合せ
中央労働金庫 総合企画部  高瀬・岩村
( 兼 中央ろうきん社会貢献基金事務局)
———————————-
〒101-0062 千代田区神田駿河台2-5
TEL:03-3293-2048 FAX:03-3293-2007
E-mail :npo@chuo-rokin.or.jp
———————————-
◇中央ろうきんHP
http://chuo.rokin.com

◇中央ろうきん社会貢献基金
http://chuo.rokin.com/about/csr/assistance/ 
——————————————————————=

[お知らせ] Mサポセミナー「NPOの基礎知識」

 Mサポセミナー「NPOの基礎知識」を行います。
(まえばし地域活動ポイント対象事業)

「NPO」とは何か、そしてNPO法人の設立までの準備、設立の手順など、わかりやすく解説するセミナーです。また、NPO法人、一般社団法人の方の活動の事例発表もあります。
 NPO法人設立を検討中の団体、およびNPOに関心のある方はぜひ、ご参加ください。
 (主催:前橋市市民活動支援センター)

 ■ 日時
 2017年10月26日(火)18:00~20:00

 ■ 会場
 Mサポ会議室

 ■ 内容
【第1部】NPOとNPO法人設立
 NPOの概要、NPO法人の活動、NPO法人の設立のプロセス等について学びます。 

【第2部】活動団体事例発表
 NPO法人(群馬の医療と言語・文化を考える会)及び一般社団法人(中央ライフ・サポートセンター)の方から、団体設立の経緯や活動状況についての、お話をお聞きします。 

 ■ 対象
 NPO法人設立を検討中の団体、及びNPOに関心のある人

 ■ 定員
 24人(先着順)

 ■ 受講料
 無料

 ■ 申し込み方法
 お名前(ふりがな)、団体名(所属している方のみ)、住所、電話番号、質問事項を記入の上、窓口、電話、FAX、又はE-mailにて申し込み(FAXの場合は、定員に達した場合のみ連絡します)
 NPOの基礎知識 表(Word)
 NPOの基礎知識 裏(申込書)(Word)

 NPOの基礎知識 表(PDF)
 NPOの基礎知識 裏(申込書)(PDF)

 ■ 申し込み・問合せ先
 前橋市市民活動支援センター(Mサポ)
  前橋市本町2-12-1 前橋プラザ元気21 3階
  TEL:027-210-2196 FAX:027-237-0810
  E-mail:21@maebashi-shiminkatsudo.jp
  URL:http://maebashi-shiminkatsudo.jp/

 

[ブログ] 前橋市中央公民館文化祭

 第40回前橋市中央公民館文化祭が、10月21日(土)、22日(日)に前橋市中央公民館(前橋プラザ元気21 3階から5階)を会場に行われています。
 
 Mサポ登録団体も多く参加しています。

<受付>

笑顔でお迎えされています

<ハンドクラフト・ラベンダーの会>

かわいい手作り作品が並んでいます

スノードームづくり 小さなお子さんも夢中です

<認定NPO法人ひこばえ>
 代表の茂木さんにお話をうかがいました。DVに苦しむ女性やお子さんが、安心して過ごせる「シェルター」と呼ばれる場所を提供するために、バザーや飲み物の販売をとおして協力を呼び掛けています。集まった資金は、日常生活をするための物資購入にあてています。シェルターにいるお子さんが、親が働いているために寂しい思いをしないようにみんなで集まっての手作りのクリスマス会などを行うために活用しています。
 「活動をやめてしまうと、行き場を失う人がいます。シェルターの運営を続けていくことで、救われる人がいます」とおっしゃっていました。

 

バザーの風景です。服や雑貨などが並べられています。

 

飲み物コーナーです。売上はシェルターの運営資金にあてられます。

 

活動をパネルで伝えています。

 

あたたかい笑顔で、ご協力をお待ちしています。

パンフレットを手渡し、丁寧に説明をされています。

<木楽会・もくめの会>
 幅広い年代の方が集まり、木彫りを楽しんでいます。作品ひとつひとつに、作り手の表情が出るとおききしました。

 

入口の木馬は、あかぎ国体のときに作られたものだとおききしました。

 

繊細な木彫りの作品が並べられています。

 

もくめの会の作品は仏像が多かったです。1体1体の表情がちがいます。

 

あたたかな作品が並んでいます。

 
<プープー>
 午前、午後のホールのフロアで、しなやかなフラダンスを披露されていました。

 

多くの観客が集まっていました

 

午後の部でフラダンスを披露したメンバーです

 中央公民館文化祭は、明日 10月22日(日)も開催しています。どうぞお立ち寄りください。

 
 

[イベントなび] 前橋市国際交流協会 国際理解講座「あなたも行きたくなる国ラオス」

 前橋市国際交流協会(Mサポ登録団体)からのお知らせです。
 
 国際理解講座「あなたも行きたくなる国ラオス」を開催します。ラオス人民共和国とはどんな国か、講師のカイリーさんのお話を聞いて、ラオスの魅力を探りましょう。

■ 日時
平成29年11月11日(土)13:30~15:30

■ 会場
前橋市中央公民館 5階 505学習室(前橋プラザ元気21内)

■ 定員
35人

■ 入場料
無料

■ 詳細
前橋市国際交流協会 「あなたも行きたくなる国ラオス」(PDF)をご覧ください。

■ 申込み・問合せ
前橋市国際交流協会事務局
 TEL:027-243-7788
 E-mail:mia@peach.ocn.ne.jp
(件名に「ラオス理解講座申込み」とお書きください)

[ボランティア募集] 前橋市国際交流協会 「留学生協力家庭募集」

 前橋市国際交流協会(Mサポ登録団体)からのお知らせです。

 宿泊を伴わない、留学生協力家庭を募集しています。群馬大学荒牧キャンパスの23人の留学生から、ホストファミリーがほしいとの申し込みがきました。学生が前橋に住んでいる間、充実した生活が送れるように協力、支援、交流していただける家庭を募集しています。

 申込み締切は、10月末です。

 詳しくは、前橋市国際交流協会 留学生協力家庭募集(PDF)
前橋市国際交流協会 ウェブサイト をご覧ください。

■ 申込み・問合せ先
前橋市国際交流協会
 TEL・FAX:027-243-7788
 E-mail:mia@peach.ocn.ne.jp
(件名に「協力家庭申込み」とお書きください)

 

[イベントなび] ヨロコンデ 読み語り芝居「父と暮せば」

 ヨロコンデ(Mサポ登録団体)からのお知らせです。

 読み語り芝居「父と暮せば」(井上ひさし作、岩渕健二演出)を開催します。戦争の悲惨さ、原爆の恐ろしさ、家族のきずななど、多くのことを教えてくれる作品です。ヨロコンデぶっちが主演をつとめます。

 皆さんのご来場をお待ちしています。
(主催:三十人シアター実行委員会)

■ 日時 
平成29年11月25日(土)
開場 13:30  開演 14:00~(90分間)

■ 会場
富士見公民館 2階ホール
 前橋市富士見町田島866-1
 TEL:027-288-6111

■ 出演
花澤町子  ヨロコンデぶっち

■ 入場料
1,000円(前売り券、当日券)  学生500円

■ 詳細
読み語り芝居「父と暮せば」(PDF)参照

■ 問合せ先
三十人シアター実行委員会 阿部益男
 〒371-0105 前橋市富士見町石井2443-5
 TEL:080-1114-2938

[助成金等募集情報]平成30年度公益財団法人日本生命財団「児童・少年の健全育成助成」

群馬県からのお知らせです。

「児童・少年の健全育成助成」は、公益財団法人日本生命財団が、青少年健全育成のための地域活動を実践している民間の団体やグループに対して、助成を行っているものです。

参考:http://www.nihonseimei-zaidan.or.jp/jidou/02_shinseihouhou.html
  (H29の助成内容が掲載されています)

■ 対象団体
要項に定める以下の助成基準を満たしていること。
(1)請時点で設立後1年以上の活動実績がある団体
(2)常時10名以上の構成員がいる団体(ただし,「子育て支援活動」「療育支援活動」を行う団体は,活動の対象となる児童・少年の延べ人数を含める。)
(3)構成員の半数以上が18歳未満の児童・少年である団体(ただし,「子育て支援活動」「療育支援活動」「フリースクール活動」を行う団体には,この要件を適用しない。)
(4)少なくとも月1回以上を目処として定例活動を行っている団体
(5)活動の一環として,地域住民との交流やボランティア活動等を実践している団体
(6)助成により購入した物品を直接・継続的に活用し管理できる団体

■ 対象活動分野
(1)自然と親しむ活動
(2)異年齢・異世代交流活動
(3)子育て支援活動
(4)療育支援活動
(5)フリースクール活動

■ 助成金額
1団体 30万円から60万円(物品購入資金助成)

■ 申請の流れ
助成を受けるためには、別に定める助成基準を満たしていることやその活動内容について県の推薦を受けることが必要となっております。
そのため、本助成の申請を希望する団体は、下記の問合せ先までご連絡をお願いします。

■ 提出期限
・推薦書作成依頼期限
平成29年10月24日(火)(※期限厳守)
・推薦調書提出期限
平成29年10月27日(金)(※期限厳守)

■ その他
事業の詳細は、申請要項等を確認してください。
申請要項等は、希望される団体に個別対応しますので、下記までご連絡ください。

■ 問合せ先
群馬県県民生活課 NPO・県民活動推進係
TEL:027-226-2290
Mail:npo@pref.gunma.lg.jp

[イベントなび]動物愛護フェスタinまえばし2017(台風により中止)

前橋市からのお知らせです。

 ※「動物愛護フェスタinまえばし2017」は、台風の影響を考慮し、長寿犬表彰式を含め、今年度は中止となりました(代替日はありません)。

 前橋市ウェブサイト (台風接近に伴い中止)【10/22(日)】動物愛護フェスタinまえばし2017
 

「動物愛護フェスタinまえばし2017」
 長寿犬表彰、犬猫譲渡講習会、動物ふれあい広場(犬・うさぎ)、動物○×クイズ、犬ねこフォト釣りゲーム、ゲームでしつけ体験会など、イベントが盛りだくさんです。
楽しみながら動物愛護について学べるイベントなので、ぜひ、家族でご参加ください。
 
■ 日時
2017年10月22日(日)10:00~15:00

■ 場所
前橋公園(みどりの散策エリア)

※ペット連れでご来場いただけます。
 犬はリードをつけてフンはかならず持ち帰りをお願いします。
※犬猫の里親探し(持込、譲渡)は行いませんのでご了承ください。

■ 開催内容
詳しくは、下記リンク先のホームページをご参照ください。
http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/42/142/p017146.html

■ 問合わせ先
前橋市 衛生検査課
TEL:027-220-5777

[イベントなび]厩橋CHINDON倶楽部 第十五回 全国アマチュアちんどん競演会in前橋2017

厩橋CHINDON倶楽部(Mサポ登録団体)からのお知らせです。

素人ちんどんの面白いところ、すべて見せます!

67年前(1950年)、日本で最初のチンドン屋大会が前橋が行われました。その後、50年以上開催されていませんでしたが、2003年に【アマチュアちんどん競演会in前橋】として再スタートし、今年で15回目を迎えます。
群馬からは5チームが出演します!ぜひ見に来てくださいね。

イベントの詳細は第十五回全国アマチュアちんどん競演会in前橋2017(PDF)をご覧ください。

■ 日時
2017年10月21日(土)
※雨天決行(荒天中止)

■ 場所
前橋中央商店街 中央イベント広場

■ スケジュール
12:00~ 街ナカ練り歩き
     【スタート場所:中央通りパーラーレストランモモヤ前レッドカーペット】
13:00~ ステージパフォーマンス【会場:中央イベント広場】
     練り歩き【会場:中央商店街】
16:00~ フィナーレ【会場:中央イベント広場】

■ 問合せ先
全国アマチュアちんどん競演会in前橋実行委員会事務局
TEL:027-260-6547
FAX:027-260-6548
Mail:amatyua.chindon@gmail.com

[ブログ] 日本スポーツ吹矢協会前橋支部 的の取り換えを行いました

 「一般社団法人日本スポーツ吹矢協会前橋支部」(Mサポ登録団体)では、毎週1度のMサポ交流スペースでのスポーツ吹矢無料体験会を、およそ9年半続けています。
 スポーツ吹矢は、体力や経験に関わりなく、子どもも高齢者も気軽に楽しめるスポーツです。腹式呼吸を行い、一気に矢を吹くことにより、集中力も高まるそうです。

 

スポーツ吹矢について伝えています

 これまでに多くの方が吹矢体験をされてきた、「的」の取り換えが、本日(10月19日)に行われました。「的」が手作りの部品でできていて、分解ができることが、まず驚きでした。日本スポーツ吹矢協会前橋支部の皆さんが、大事に維持をされてきたことを改めて知りました。

 

穴がたくさん開いた的を外します

 

的を外すと、発泡スチロールのような柔らかな土台が出てきます。勢いよく飛んでくる矢を受け止めて落ちないようにしています。

 

土台を外して、外枠だけになりました

 

新しい土台をはめ込みます

 

真ん中の部分は丸くくりぬかれています。真ん中に矢がささることが多いため、真ん中だけを取り換えることもできるようになっています。

 

新しい的をとりつけます。

 

完成!
皆さん、吹矢体験にいらっしゃいませんか。


 

 一般社団法人日本スポーツ吹矢協会前橋支部では、吹矢体験を行っています。

■ 日時
毎月 第1・第3木曜日  13:00~15:00
   第2・第4水曜日  13:00~15:00

■ 場所
Mサポ交流スペース

■ 申込み
不要(直接お越しください)