トップページ > お知らせ

お知らせ

[イベントなび]「医療通訳の普及を考える」シンポジウム開催

県内で暮らす外国人は4万人を超え、観光客も増加傾向にある今、外国語を母語とする人の健康を守るための支援体制は大切な課題の一つです。医療通訳の普及活動や通訳者の自主勉強会を行う「群馬の医療と言語・文化を考える会」は、8月3日(日)に『「外国の言葉を母語とする人の健康を考える」―医療通訳の普及をー』と題したシンポジウムを開催します。

第一部の講演会の講師は、沢田貴志氏(神奈川県勤労者医療生活協同組合港町診療所所長、群馬大学非常勤講師、シェア=国際保健協力市民の会副代表)と内藤稔氏(東京外国語大学多言語・多文化教育研究センター特任講師)。内容は、沢田氏が「外国人の保健医療活動について(仮題)」、内藤氏は「今後求められるコミュニティ通訳の役割と専門性」。

第二部のパネルディスカッションでは、講師・行政・医療機関・通訳・市民などが参加予定。外国語を母語とする人の健康を守るため、皆が協力して何ができるのか意見を交換します。課題を一緒に考えてみませんか?

■開催日時  平成26年8月3日(日)  13~16時
■会場  前橋市中央公民館多目的ホール(前橋プラザ元気21・3階)
■定員  100人
■参加費  500円(医療通訳養成・医療通訳費用・普及活動に充てさせていただきます)
■駐車場  前橋プラザ元気21専用駐車場、市営パーク5番街・千代田・城東、前橋中央駐車場
(上記5カ所の駐車場は4時間まで無料。駐車券をお持ちください)
■申込み・問合わせ  群馬の医療と言語・文化を考える会事務局
■電話・FAX  027-289-0278(原)
■携帯  080-5409-4880(原)   090-4916-3306(大谷)
■E-mail  iryotsu83@gmail.com

6月26日追記:
内容を一部修正しました。