トップページ > お知らせ

お知らせ

[ブログ]ぶら~りボランティア探しの旅 大河ドラマをきっかけに大活躍!前橋学市民学芸員

【ぶら~りボランティア探しの旅】
『大河ドラマをきっかけに大活躍!前橋学市民学芸員』

今年のNHK大河ドラマ「花燃ゆ」で、大沢たかおさん演じる「小田村伊之助」は、
後に「楫取素彦」と改名し、初代群馬県令(県知事)となった方で、
近代群馬の礎を築いた名県令といわれています。

県庁昭和庁舎内にオープンした「ぐんま花燃ゆ大河ドラマ館」から、
楫取素彦ゆかりの地である迎賓館「臨江閣」まで徒歩15分ほどの道のりを
ご案内しているのが、「前橋学市民学芸員」の皆さんです。
今回はそのお一人、深澤泰明さんのガイド活動に同行させていただきました。
学芸員DSCN7805
前橋学市民学芸員の皆さん(左が深澤さん)

県庁昭和庁舎をはじめ群馬会館、楫取県令の功徳碑など、
途中にある史跡などの説明をしながら、
お客様のペースに合わせて臨江閣を目指します。
昭和庁舎DSCN7806
大河ドラマ館のある県庁昭和庁舎

高齢の方や身体の不自由な方には、階段を避け、交通量の少ないコースをとるなど、
安全に配慮しているそうです。
親しみのある語り口の深澤さんのガイドを受けた方は、
初めて知ることが多かったようでとても感心されていました。

説明風景DSCN7796
自分なりの解説を加えて説明

「ありがとう」と感謝されることが一番のやりがい、と深澤さん。
今までずっと地域にお世話になってきたので恩返しがしたいと、
前橋学市民学芸員の養成講座に参加したそうです。
今後は、前橋の発展を支えた製糸業の歴史について、
前橋の生糸商人が活躍した横浜市に視察するなどして、
より深く学びたいと抱負を語ってくださいました。

大河ドラマ館を訪れたら、勉強熱心で親切な前橋学市民学芸員さんのガイドで
臨江閣へもぜひ足を延ばしてみてくださいね!

臨江閣DSCN7801
ゴールは臨江閣