トップページ > お知らせ

お知らせ

[イベントなび] SMILEY☺M「家庭教育スマイルCafe」

 SMILEY☺M(Mサポ登録団体)より、「家庭教育スマイルCafe」のお知らせです。

 年5回、家庭教育の勉強会を開催します。子育てはもちろん、家庭での悩みを聞いてほしい方、是非お気軽にご参加ください。

■ 開催日
2019年6月26日(水)、7月16日(火)、9月26日(木)、11月14日(木)、12月19日(木)

■ 時間
10:00~12:00

■ 場所
群馬県生涯学習センター内各教室
※当日の場所については、入口掲示板でご確認ください

 詳しくは、家庭教育スマイルCafe(PDF)をご覧ください。

 
 
 

[イベントなび] ヨロコンデ 「ヨロコンデぶっちのギター漫談」

 ヨロコンデ(Mサポ登録団体)より、「ヨロコンデぶっちのギター漫談」のお知らせです。

 即興歌、オリジナル、紙芝居もやります。笑顔あふれるコンサート。目の前に集まってくださった方々とあったかい場を作りたい。それが、ヨロコンデのやりたいことです。

 入場無料、出入り自由です。マイクを使わず、生音でやります。桟敷席です。車いすOKです。

■ 日時
奇数月の第3日曜 13:30~15:30(休憩あり)
2019年7月21日、9月15日、11月17日
2020年1月19日、3月22日

■ 会場
前橋市総合福祉会館 1階 おもちゃの図書館ルーム
(前橋市日吉町二丁目17-10)

 詳しくは、ヨロコンデぶっちのギター漫談(PDF)をご覧ください。

 

[市民活動情報] 前橋移住コンシェルジュ「赤城山古民家IRORI場」

 前橋移住コンシェルジュ(Mサポ登録団体)より「赤城山古民家IRORI場」開設のお知らせです。

 歴史ある古民家を宿泊施設に。移住・起業等の情報が集まる場所、直接話が聞ける場所に。
 ちょっと知りたくて縁側でお茶を、もっと聞きたくて囲炉裏でつつき、夢と志が集う場所。

 詳しくは、赤城山古民家IRORI場フェイスブックページ赤城山古民家IRORI場(PDF)をご覧ください。

[イベントなび] 群馬県青少年会館  「できる!」を見つけるコミュニケーション法

 群馬県青少年会館より、「できる!」を見つけるコミュニケーション法のお知らせです。

■ 日時
令和元年6月20日(木)13:30~16:10

■ 会場
群馬県青少年会館

■ 参加費
無料

■ 対象
県内在住・在勤の社会人

■ 募集期間
令和元年5月21日~6月14日

■ 定員
20人

 詳しくは、「できる!」を見つけるコミュニケーション法(PDF)をご覧ください。

[イベントなび] 群馬県青少年会館友の会 「バルーンアートを体験しよう」

 群馬県青少年会館友の会より 「バルーンアートを体験しよう」~クマのブレスレット~のお知らせです。

■ 日時
2019年7月7日(日)10:00~12:00

■ 会場
群馬県青少年会館

■ 参加費 
350円

詳しくは、バルーンアートを体験しよう(PDF)をご覧ください。

[助成金等募集情報] ソニー音楽財団「子ども音楽基金」

 ソニー音楽財団から「子ども音楽基金」助成団体募集のお知らせです。

 原則として日本国内の18歳未満の子どもに、音楽を通じた教育活動に取り組んでいる団体およびその活動を対象としています。

■ 応募期間
2019年5月29日(水)〜 6月28日(金)必着

 詳しくは、ソニー音楽財団「子ども音楽基金」ホームページをご覧ください。

 ソニー音楽財団 子ども音楽基金(PDF)

[市民活動情報] 群馬県立前橋産業技術専門校 働く人にすぐに役立つ「スキルアップセミナー」のお知らせ(2019年7月開催分)

「群馬県立前橋産業技術専門校」スキルアップセミナー開催情報

 群馬県立前橋産業技術専門校で実施する、スキルアップセミナーのご案内です。
合計12時間程度の、比較的短期間のセミナーです。
 ものづくりのスキルを磨く技術系セミナーから、パソコンスキル、資格取得対策セミナーなど、すぐに仕事に役立つコースを、幅広くご用意しております。
 ぜひ皆様のスキルアップにお役立てください。

■2019年7月開催予定コース
 ・ホームページ作成入門(Jimdo編)(PDF)
 ・第二種電気工事士技能試験準備講習(上期)(PDF) 
 ・QC検定3級対策講座(PDF)
 ・JIS溶接技能者評価試験準備講習手溶接(A-2F等)(PDF)
 ・簿記入門(PDF)
 ・PowerPointで作るプレゼンテーションテクニック(PDF)
 詳細はPDFをご参照ください。
    
■開催場所
 群馬県立前橋産業技術専門校(前橋市石関町124-1)
 ※コースの詳細や、他のコースについては、前橋産業技術専門校のホームページをご覧ください。

■申込方法
・所定の申込用紙にご記入の上、FAX、郵送、またはメールにてお申し込みください。
・申込用紙は、前橋産業技術専門校のホームページよりダウンロードいただけます。
・各コースとも応募は先着順にて受け付けます。定員に空きがある場合は講習開催初日の2週間前まで受付を延長することがあります。

■お問合せ・お申込み
 群馬県立前橋産業技術専門校 スキルアップセミナー担当
   TEL 027-230-2211    FAX 027-269-7654
   URL http://www.maetech.ac.jp/

    

 

[イベントなび] 前橋の地域若者会議middle縁活プロジェクトチーム「縁活カフェ 学び、楽しみ、恋をする。 in前橋」

 前橋の地域若者会議middle縁活プロジェクトチーム「縁活カフェ 学び、楽しみ、恋をする。in前橋」のお知らせです。 

 結婚したいけど異性とうまく話せない、自信がない、そんなお悩みありませんか?

 第一回縁活カフェは お笑い芸人のこじらせハスキー、えっちゅう、おせつときょうたのみなさんを講師に迎え、コミニュケーションのとり方や話し方など一緒に学びながら、男女の出会いをサポートします。

■ 日時
令和元年6月23日(日)13:30~ (受付13:00~)

■ 会場
臨江閣
(前橋市大手町3-15-3)

■ 募集
独身男女30人 (20代~30代)
※5/31現在 女性が若干不足しています

■ 会費
500円 抹茶お菓子付き

■ 駐車場
グリーンドーム前橋第一駐車場をご利用ください

■ 申し込み
ennkastu@yahoo.co.jp
氏名、性別、電話番号
明記の上申し込みください

定員を上回る場合抽選となります

 詳しくは前橋の地域若者会議middle縁活プロジェクトチーム「縁活カフェ 学び、楽しみ、恋をする。in前橋」フェイスブックページ  をご覧ください。

 今後については、縁活カフェ(PDF)をご覧ください。

[助成金等募集情報] 公益財団法人自然保護助成基金「第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成」

 公益財団法人自然保護助成基金から「第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成」のお知らせです。

 プロ・ナトゥーラ・ファンド助成は、国内外の自然環境の保全を目指した調査・研究、および市民活動に対する助成プログラムです。

■ 応募期間
2019年5月27日(月)~2019年7月12日(金)

■ 対象分野
環境保全、NPO支援

■ 対象事業
調査・研究、事業プロジェクト

■ 内容/対象
当助成は,以下の4つのカテゴリーで募集を行います.
A. 国内研究助成・・・日本国内における自然保護のための調査・研究
B. 国内活動助成・・・日本国内における自然保護のための普及・啓発活動
  地域NPO活動枠・・・日本国内の地域のNPOによる自然保護活動
C. 海外助成・・・海外の地域における自然保護のための調査・研究および普及・啓発活動
D. 特定テーマ助成・・・第30期のテーマ「『きたマップ』(北海道の環境保全活動のデータベース)を活用した北海道の自然保護に関する調査・研究および活動」
 (『きたマップ』とは?→http://kitamap.net/

助成対象は,以下のとおりです.
A,B,C,D:自然保護のための,調査・研究や活動を進める能力のあるグループ
B【地域NPO活動枠】:地域に根ざした自然保護活動を3年以上行なっているNPO法人

■ 法人格の有無、設立からの年数
国内活動助成【地域NPO活動枠】のみ、地域に根ざした自然保護活動を3年以上行なっているNPO法人に限ります。
その他のカテゴリーにおいては、応募制限は特にありません。

■ 助成金額
助成金総額: 23,500,000円
1件あたりの上限額: 1,000,000円

 詳しくは、第30期プロ・ナトゥーラ・ファンド助成募集案内 をご覧ください。

[助成金等募集情報] 関東・水と緑のネットワーク ~将来に残したい 美しい自然・風景・人のつながり~ 

 一般社団法人 関東地域づくり協会、公益財団法人 日本生態系協会から、「関東・水と緑のネットワーク ~将来に残したい 美しい自然・風景・人のつながり~」助成募集のお知らせです。
 
 関東・水と緑のネットワークでは、将来に残したい身近な自然を守り、その大切さを多くの人に伝える取り組みを支援しています。

■ 助成対象 
対象地域:関東地域1都7県
    (茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県)

対象とする取組: 
    A.拠点づくり
    関東地域の水辺と緑地のネットワークの拠点となる身近な水辺や緑地を保全・再生
    し、周辺の自然とのつながりを回復する取組み

    B.生態系ネットワークづくり
    拠点の有無を問わず、同じ市町村内、同じ流域の市民団体、学校、企業、自治体
    などとの連携体制づくりや拠点同士をつなげるための活動を通じて、水辺や緑地の
    つながりを保全・再生する取組み
     
実施主体:・ 市民活動団体(法人格の有無・種類は問いません)
     ・ 教育機関
      (保育所、幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学、専門学校など)
     ・ 企業
     ・ 地方自治体 など

■ 応募締切
令和元年7月1日(月)必着

 詳しくは、関東・水と緑のネットワーク(PDF)をご覧ください。