前橋市市民活動支援センターについて 新着情報

新着情報

Mサポからのお知らせ

明寿大学同窓会×ウェルネスLifeスタジオ1518「若返りストレッチ」を取材しました

9/27(火)に中央公民館ホールで行われた、明寿大学同窓会の「若返りストレッチ」に、講師として「ウェルネスLifeスタジオ1518」の橋本大介さんを招き開催されました。

明寿大学同窓会は、前橋市中央公民館が主催する高齢者教室の「明寿大学」の卒業生による団体で、生涯学習を通じ地域貢献を目指しています。明寿大学同窓会の総会後に、約120人が参加し「若返りストレッチ」が開催されました。
最初のアイスブレイクでは、脳トレとして難しい手の運動で、会場に笑顔があふれ和やかな雰囲気になりました。橋本さんの肩甲骨、股関節に対する運動の効果についての講義のあとにエクササイズを行うことにより、姿勢や関節の痛みの改善となり、参加者のみなさんは楽しくエクササイズを行い会場の熱気が高まりました。

地域おこし協力隊としても活動する橋本大介さんは、パーソナルトレーナーとしての経験を活かし、健康増進をテーマに、地域の健康づくりの活動をしています。子どもから高齢者各世代に合わせた健康指導、ウォーキング講座、子どもの運動能力向上教室を行っています。
「生涯自分の脚で歩けるカラダづくり」をモットーに運動の楽しさや大切さを一人でも多くの方に伝えたいと活動しています。

橋本大介さんFacebook

「ウェルネスLifeスタジオ1518」は、「Mサポ元気お届けたい」に登録し、地域・各施設での運動指導、ウォーキング講座などを行っています。
※「Mサポ元気お届けたい」について、詳しくはコチラをご覧ください。

第3回Mサポ合同会議を開催しました

10月25日(火)に第3回Mサポ合同会議を開催しました。3人のMサポ運営コーディネーターと6人のMサポアドバイザーに出席いただきました。

7月から10月までのMサポ事業や日頃の業務、相談内容について共有し、今後のホームページ、セミナー、つながるイベントをより良くするためのアイデアを参加者の方にいただきました。

いただいた意見を取り入れ、市民活動を行う方に寄り添ったサポートをしていきますので、お気軽にご来所、お電話をお待ちしております♪

鈴木委員長挨拶

全体会議風景

【登録団体活動紹介】群馬福祉ネイルMint

子どもから高齢者までを対象に、ネイルやハンドトリートメントを行いながら、会話を通して”笑顔・元気・癒し”を届ける活動を行っています。
福祉施設への訪問や子育て支援・地域イベントへの参加を通して地域に貢献しています。福祉ネイルの材料は匂いが極力少ないものを使い、安全への配慮を行っています。
最も大切にしていることは心のケアです。目を合わせて微笑み、優しく前向きな言葉を使って話しかけます。「福祉ネイルやハンドトリートメントを施しながらお話をして、安らげる時間をお届けしたいです」と福祉ネイリストの安達久美子さん。「Mサポ元気おとどけたい」へも登録し、活躍の場を広げています。
 「群馬福祉ネイルMint」 インスタグラム   

※「Mサポ元気お届けたい」とは、地域で活動している個人や団体の方が、自治会や地域・各施設のイベントの際に出向いて演奏やパフォーマンスを行うものです。
詳しくは、コチラをご覧ください。

市有施設へのチラシ等の一括配架サービスを開始します!

この度、Mサポでは、利用登録者の皆さんが、イベントの実施やボランティア募集等を行う際に作成したチラシ等について、市有施設への一括配架サービスを開始しました。
また、それに伴い、チラシ等の持ち込み窓口を、Mサポの他市内20か所の市有施設に拡大しました。
なお、一括配架サービスには、必要書類の作成など一定のルールがありますので、チラシの持ち込みをされたい利用登録者につきましては、必ず事前にMサポまでご連絡をお願いします。

〔チラシ配架・持込可能な市有施設一覧〕
『Mサポ』
『支所』
・大胡支所 地域振興課
・宮城支所 地域振興課
・粕川支所 地域振興課
・富士見支所 地域振興課
・城南支所
『市民サービスセンター』
・上川淵市民サービスセンター
・下川淵市民サービスセンター
・芳賀市民サービスセンター
・桂萱市民サービスセンター
・東市民サービスセンター
・元総社市民サービスセンター
・総社市民サービスセンター
・南橘市民サービスセンター
・清里市民サービスセンター
・永明市民サービスセンター
『コミュニティセンター』
・第1コミュニティセンター
・第2コミュニティセンター
・第3コミュニティセンター
・第4コミュニティセンター
・第5コミュニティセンター

【登録団体活動紹介】ウェルネスLifeスタジオ1518(個人)

地域おこし協力隊としても活動する橋本大介さんは、「運動」と「食」をテーマに市内全域で活動しています。
橋本さんは約10年間、東京でパーソナルトレーナーとして活動し、前橋に移住後、今までの経験を活かし、子どもから高齢者まで各世代に合わせた健康指導、ウォーキング講座、子どもの運動能力向上教室を開催するほか、自らが管理する田んぼを活用した、田植えや稲刈りなどの自然体験イベントを通じ、食の大切さを伝えています。
「生涯自分の脚で歩けるカラダづくり」をモットーに運動の楽しさや大切さを一人でも多くの方に伝えたいと活動しています。

橋本大介さんFacebook

「ウェルネスLifeスタジオ1518」は、「Mサポ元気お届けたい」に登録し、地域・各施設での運動指導、ウォーキング講座などを行っています。
※「Mサポ元気お届けたい」について、詳しくはコチラをご覧ください。

【登録団体活動紹介】一般財団法人 犬猫生活福祉財団

犬・猫の「収容ゼロ、殺処分ゼロ、不適切飼育環境ゼロ」を目指して活動する団体です。前橋市保健所や愛護センターからの引き出しに特化したシェルターとして、前橋に「犬猫タウン前橋」を開所しました。シェルターには移動式の不妊去勢専門病院を併設し、野良猫、保護猫を対象に不妊去勢手術を提供しています。

※施設スタッフ(犬猫の飼育ボランティア)、在宅ボランティア(犬猫の預かり)、里親(保護犬猫の新しい飼い主)、施設運営のための寄付を募集しています。詳しくは、犬猫生活福祉財団ホームページをご覧ください。
一般財団法人 犬猫生活福祉財団 ホームページ
ボランティア募集
里親募集
寄付のお願い

【登録団体活動紹介】オープンダイアローグ研究会 in ぐんま

オープンダイアローグとは、フィンランド発祥の「開かれた対話」を重ねる精神療法です。
患者と医療者、家族や友人などの関係者が1か所に集まり、チームで繰り返し対話を続けていくことで、治癒や改善が起こり始めるという方法です。
オープンダイアローグ研究会inぐんまでは、オープンダイアローグの普及活動を行い、群馬県内のオープンダイアローグを学びかつ実践したいと考えている支援者の方々と、ともに学びネットワークを作るための勉強会を開催しています。現在は、月1~2回のオープンダイアローグの勉強会やセミナー等の活動を行っています。

オープンダイアローグ研究会 in ぐんま Facebook

「群馬福祉ネイルMint」の活動を取材しました

10月5日(水)ココルンシティ内にあるアクティブシニアコミュニティ「COCOROCO」で行われた、「群馬福祉ネイルMint」(Mサポ利用登録団体(個人))の活動を取材しました。

福祉ネイリストの安達久美子さんは、子どもから高齢者までを対象に、ネイルやハンドトリートメントを行いながら会話を通して”癒し・元気・笑顔”を届ける活動をしています。
福祉ネイルとは、主に高齢者・病気や障害を抱えている方に対して行うネイルです。
マニキュアは安全性の高い、速乾性に優れたものを使用し、利用者の体調への配慮を行っています。

安達さんは、高齢者施設で化粧療法(メイクセラピー)を受けた女性のうれしそうな表情に感銘を受け、自分も関わってみたいと思い、ハローワークの職業訓練校のネイリスト養成科を受講したことをきっかけに福祉ネイリストを目指しました。一般社団法人日本保健福祉ネイリスト協会で資格を取得後に、コロナ禍となってしまい経験を積むことが難しい中、活動を継続してきました。

福祉ネイルでは心のケアを大切にしており、ハンドトリートメントのスキンシップによる癒しと会話が心を和ませます。また、ネイルケアの持つ心理的効果としては、爪を綺麗にすることで生き生きとした表情になり、綺麗になった爪を見てもらいたいという意識から、外出意欲が出ることで介護予防やメンタルケアにとても良い効果があります。

「群馬福祉ネイルMint」 インスタグラム   

「群馬福祉ネイルMint」は、「Mサポ元気お届けたい」に登録し、地域・各施設の訪問や子育て支援、福祉美容としてイベントの出店も行っています。

※「Mサポ元気お届けたい」について、詳しくはコチラをご覧ください。

NPO法人 Mam’s Styleの取組が「あしたのまち・くらしづくり活動賞」振興奨励賞を表彰されました!

NPO法人 Mam’s Style(Mサポ利用登録団体)の取組が「令和4年度あしたのまち・くらしづくり活動賞」振興奨励賞を表彰されました。
子ども服の再利用や、縫製の仕事による困窮家庭の支援などが評価されました。
独自の発想で地域活動に取り組む団体を表彰する「あしたのまち・くらしづくり活動賞」は、あしたの日本を創る協会、読売新聞東京本社、NHKが共催して実施し、入賞した団体の活動の様子は、読売新聞やNHKで紹介されます。

詳しくは令和4年度あしたのまち・くらしづくり活動賞ホームページをご覧ください。

 

【登録団体活動紹介】学生ファーム


主に群馬県内のNPOやボランティア団体等に学生ボランティアを紹介することで、市民活動団体を支援している団体です。
地域に恩返しをしたいと思ったときに、地域で活動している市民活動団体を応援することが地域への恩返しになるのではないかと思い、今の活動が始まりました。
「学生の持つ力や可能性を発揮できる場はまだ少ないと感じています。学生と市民活動団体をつなぐことでお互いに学びや課題解決のきっかけになるので、積極的にボランティア情報を集めています。また、ボランティア紹介を通して、やりたいことが見つからずくすぶっている学生に環境を提供できればと思います」と顧問の太田和輝さん。
若者の力で地域を応援するため、県内の若者団体とつながることで、群馬全体を盛り上げていきたいと考えています。