前橋市市民活動支援センターについて 新着情報

新着情報

Mサポメールマガジン6月号を発行しました!

|| お知らせ ||

:: みんなで集まり情報交換「Mサポ コモンズ」
毎月1回、第4木曜日に開催しています。
「おしゃべりしたい」「一緒に活動する仲間が欲しい」そんな人が、気軽に集まり、ゆるくつながる場です。
初めての方もスタッフがサポートしますので是非ご参加ください。
●日時:6月27日(木)18:30〜20:00
●場所:前橋プラザ元気21 1階 にぎわいホール
\続きはこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=33338

::こどもアイデアまちづくりプロジェクト始動!!
今年度のこどもアイデアまちづくりプロジェクトの募集が始まりました。
こどもたちが「こんな前橋になったら良いな!」と思う”まちづくり”アイデアを形にするための取り組みです。提案・審査・活動の全てを「こども主体」で行います。
小学生から高校生までの世代が対象となりますので、お子さんやお孫さん、団体のこども達の参加をご検討ください。
●申込み締切:7月31日(水)
\詳細はこちら/
https://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi_tetsuzuki/4/2/36519.html

|| 新規利用登録者紹介 ||

:: NPO法人麦わら屋
高井町で、「地域共生社会を担うのが障がいを持った人たち」をモットーに社会に開かれた魅力ある場所づくりを行っています。
障がいがある方が畑仕事、内職、メダカの飼育、アート制作から作業を選び、地域貢献活動をしています。
【協力できること】
・社会復帰に向けた就労体験の提供
・障害者と交流する機会の提供
【協力してほしいこと】
・畑仕事や作品制作等を行う際の手伝い
・子ども食堂の手伝い
\詳しい活動内容はこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=36571

:: いぬねこ組
保健所から預かった子猫のお世話や、里親探しなど犬猫を中心とした動物の保護・譲渡活動、野良猫による地域問題の解決を行う団体です。
動物虐待・殺処分ゼロを目指し、人と動物と自然との共生社会をつくることを目的に活動しています。
【協力できること】
・イベント出展時の看板猫(保護猫)の参加
【協力してほしいこと】
・保護猫のミルクボランティア
・保護犬・猫の一時預かりボランティア
・寄付(活動資金、ペットフード、ペット用品等)
・里親探しなど、できることをできる範囲でお手伝い
\詳しい活動内容はこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=36452

:: Refillぐんま
ペットボトル等のプラスチックごみ削減に向けた啓発活動を行う団体です。
給水スポットとして無料で水道水を提供する公共施設や店舗、持参容器で料理を提供する飲食店を「Refill Japan」という全国組織のマップに掲載する活動を主に行っています。
【協力できること】
・環境に関するイベントの開催
(例)講演、エコウォーク、映画会、紙芝居等
【協力してほしいこと】
・イベントの運営手伝い
・給水スポットや、持参容器で料理を提供する店舗等の紹介
\詳しい活動内容はこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=36465

:: 公立大学法人前橋工科大学 地域連携推進センター
地域住民、行政、企業等との連携を深め、人材育成とまちづくり、地元産業の発展に貢献するための前橋工科大学の組織です。
学生によるボランティア活動や学校で学んだことの発信を通じて地域貢献を進めています。
【協力できること】
・プログラミング教室やスライム等の科学教室の開催
・学生が主体となるボランティア活動
【協力してほしいこと】
・センターや学生が連携出来そうなイベント等の情報提供
\詳しい活動内容はこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=36575

:: 学生団体 COEMU
大学生が主体となり、多文化共生社会の実現に向けて取組む団体です。
国際交流を目的としたスポーツイベントや英語を共通言語とした対話型イベントの開催、伝統文化や地域行事などの文化交流を通して地域と外国人をつなげる活動を行っています。
【協力できること】
・学生への情報提供、イベント周知など
・国際交流イベントへの協力(企画、提案、簡単な通訳など)
【協力してほしいこと】
・多世代が交流し意見交換できる場を多様な主体と一緒に作る
・地域の伝統芸能や伝統文化などの活動団体とつながる
\詳しい活動内容はこちら/
https://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=36587

●スタッフのつぶやき
前橋の郊外に引っ越し、小さな庭のある家に住み始めました。ちゅんちゅん(すずめ)が来るようにと、「ソヨゴ」という赤い実がなる木を植えました。ソヨゴの木の下では、草もすくすくと成長しています。土のぬくもりを感じながら、地道に草むしりをする生活もいいなと気づきました。
生まれて半世紀を経ても、知らないことや分からないことばかりです。「まだまだこれから」という気持ちを持ち続けて、日々成長していきます。

…………………………………………………

ぜひ公式SNSのフォローをお願いします♪
:: Instagram(インスタグラム)
https://www.instagram.com/maebashi_support/
:: X(エックス/旧Twitter)
https://twitter.com/msapo2121

…………………………………………………
発行:前橋市 市民部 市民協働課 地域づくり係
(前橋市市民活動支援センター〈Mサポ〉)
〒371-0023 群馬県前橋市本町2-12-1 前橋プラザ元気21/3階
TEL 027-210-2196
E-mail 21@maebashi-shiminkatsudo.jp
URL http://maebashi-shiminkatsudo.jp
…………………………………………………
メールアドレスの登録・変更は下記URLからお願いいたします。
https://forms.gle/2SpdWTCgQ1vdKgfg8

【利用登録者活動紹介】学生団体COEMU

学生団体COEMUは、大学生が主体となり多文化共生社会の実現に向けて取組む団体です。在日外国人と地域をつなげ、相互理解を深めることでそれぞれの価値観や在り方をお互いに尊重できる社会を目指し、国際交流を目的としたスポーツイベントや英語を共通言語とした対話型イベントの開催、伝統文化や地域行事などの文化交流活動を行っています。

日本に住む外国人の中には、日本の文化を知りたいと思っているものの、どこに行けばいいのか分からなかったり、通訳の有無で行くのをためらったりする人も少なくありません。
学生団体COEMUでは、前橋の文化や歴史にふれられる機会を提供している団体と協力して、外国人も参加しやすいイベントにするにどうすればよいか、一緒に考えていきたいと思っています。
例えば、茶道や日本舞踊などの伝統文化・伝統芸能を見たり体験したりできるイベントであれば、簡単な日本語が話せる留学生や英語が話せる学生が通訳ボランティアとして協力できます。

今後は、地域で活動する幅広い世代の団体と連携したいと考えています。
「国際交流イベントに参加してみたい」もしくは「一緒にイベントを企画したい」という方は、ぜひお声がけください。

●協力できること
・現役学生への情報提供、イベント周知など
・国際協力イベントへの協力(企画、提案、簡単な通訳など)
●協力してほしいこと
・多世代が交流し意見交換できる場やイベントを多様な主体と一緒につくりたい
・地域の伝統芸能や伝統文化などの活動団体とつながりたい

▼Instagramはこちら
https://www.instagram.com/coemu_org/

NPO法人ソンリッサ「地域実践プログラム」「運営メンバー募集」

NPO法人ソンリッサ(Mサポ利用登録者)より、「地域実践プログラム」「運営メンバー募集」のお知らせです。

地域実践プログラム(認定まごマネージャー®育成プログラム)

『地域実践プログラム(認定まごマネージャー®育成プログラム)』は、地域で新しい取り組みを目指す自治会と協力し、自分の想いや問題意識を言語化しながら、高齢者の笑顔のための新しい企画立案や新規プロジェクトに “まごのような温かさを持って” チャレンジする実践型の地域インターンシッププログラムです。

■ 募集人数
10名(応募多数の場合は選考あり)

■ 応募資格
群馬県在住の18歳から39歳の方
地域づくり・地域福祉に興味・関心を持っている方

■ 募集期間
2024年6月17日(月)~7月26日(金)

詳しくは、以下をご覧ください。
NPO法人ソンリッサホームページ 
地域実践プログラムチラシ(PDF)

運営メンバー大募集!

NPO法人ソンリッサでは、「運営メンバー」「居場所づくりサロンボランティア」を募集しています。
詳しくは、こちらをご覧ください。

【利用登録者活動紹介】いぬねこ組

保護犬・保護猫の一時預かりや里親探しなど、犬猫を中心とした動物の保護・譲渡活動や、野良猫による地域問題の解決を行う団体です。
動物虐待・殺処分ゼロを目指し、人と動物と自然との共生社会をつくることを目的に活動しています。

もともとは動物好きで保護活動をしている個人の集まりでした。メンバーには保護活動歴20年以上のベテランもいます。
これまで個人活動では一年に数匹のペースで保護し譲渡を繰り返してきましたが、仲間と協力体制をとることで2023年にはワンシーズンで13匹の保護と譲渡を達成することができました。

今年度から新たな事業「赤ちゃんねこミルクボランティア」が始まります。令和5年度にまえばし市民提案型パートナーシップ事業に採択され、前橋市と協働して保健所で受け入れることのできない子猫のミルクボランティアを募集しています。ベテランボランティアさんの丁寧なサポートがあるため、未経験の方も安心して活動をはじめられます。
ご興味のある方はぜひ、いぬねこ組までご連絡ください。

●協力できること
・イベント出展における看板猫(保護猫)の参加
●協力してほしいこと
・保護猫のミルクボランティア
・保護犬、保護猫の一時預かりボランティア
・寄付(活動資金、ペットフード、ペット用品等)
・里親探しなど、できることをできる範囲でお手伝いできる方

ご連絡はInstagramよりお願いします。
▼Instagram
https://www.instagram.com/inuneko_gumi/
▼X
https://twitter.com/inuneko_gumi

【利用登録者活動紹介】公立大学法人前橋工科大学 地域連携推進センター

公立大学として、地域住民・行政・企業等との連携を深め、地域や産業界とのつながりをとおして、人材教育とまちづくり、地元産業の発展に貢献するために設置されている前橋工科大学内の一組織です。
有志による地域貢献学生スタッフによるボランティア活動や教員や学生が持つ専門性を地域に活かすことで、地域との交流を深め地域貢献につながる活動を行っています。

現在行っている活動としては、市からのボランティア派遣の要望を受けて学生スタッフとしてボランティア活動をすることや、企業と共同研究して小型自動車の部品の一部を作ったり、食品メーカーと共同研究して機能性表示食品を開発したりしています。

今後は、学生が学校で学んだことを活かして地域に貢献できることや多文化交流のイベントに参加していきたいです。

●協力できること
・教員や学生が持つ専門知識を地域で活かすこと
(例)プログラミング教室、スライムづくり等の科学教室の開催等
・学生が主体となるボランティア活動
●協力して欲しいこと
・センターや学生が連携できそうなイベント等の情報提供

※詳しくは、ホームページをご覧ください

【利用登録者活動紹介】特定非営利活動法人麦わら屋

「地域共生社会の中心を担うのが障がいのある人たち」をモットーに、主に障がい者に対する就労支援事業を行う団体です。
障がい者の自立に向け、地域に根付いた就労機会を提供することで、仕事にやりがいを持ち、充実した生活を送れるようにするとともに、地域との交流をとおした地域社会の発展につなげる活動を行っています。
例えば、障がいのある人が畑作業、内職、メダカの飼育、豚肉加工、アート作成からそれぞれ作業を選んで行い、地域貢献活動をしています。
利用者の中には、精神障害者、知的障害者、身体障害者を患う人がおり、多様な内容の作業を行うことで、麦わら屋に通う利用者さんの選択肢を広げ、利用者さんたちが輝ける場所の提供を行っています。
利用者や家族、職員だけでなく、関係者みんなで優しい地域づくりを目指し、障がいを持つ人たちが仕事や表現活動を地域社会に発信し、障がいを持っていても地域貢献しています。

●協力できること
社会復帰に向けた就労体験の提供
障がい者と交流する機会の提供
●協力してほしいこと
畑仕事や作品制作等を行う際の手伝い
子ども食堂の手伝い

詳しくは、麦わら屋ホームページまで

いぬねこ組「わんこ・にゃんこに新しいお家が見つかるまでのサポーター募集中」

いぬねこ組(Mサポ登録者)からのお知らせです。

「わんこ・にゃんこに新しいお家が見つかるまでのサポーター募集中」

動物好きな方、命をつなぐお手伝いをしませんか?
初心者さん大歓迎

例えばこんなサポートです
●ミルクボランティア
赤ちゃんネコにミルク&お世話
●お家で一時預かり
里親さんが見つかるまで可愛がってね
●買い物や送り迎え
お家では預かれないけれど、買い物や動物さんの車の移動なら手伝えるよ、という方も大歓迎です

活動資金や物品のご寄付・ご支援もお待ちしております。

詳しくはチラシをご覧ください。

いぬねこ組「サポーター募集」チラシ(PDF)

公益社団法人程ヶ谷基金 「2024年度男女共同参画・少子化関連顕彰事業」

公益社団法人程ヶ谷基金から、2024年度男女共同参画・少子化関連顕彰事業のお知らせです。

● 論文部門
関連分野での若手研究者の論文(ジェンダー研究なども含む)

● 活動部門
関連分野でのNPO等の活動報告(子育て支援関連なども含む)

<募集要項>
・年齢は原則 満45歳未満(理事長等が45歳以上の場合も、中心メンバーが満45歳未満であれば可)
・顕彰件数は 合計10件程度
・顕彰金は 最高60万円

<申込期限>
2024年10月1日(火) 程ヶ谷基金事務局 必着

<外部選考委員>
恵泉女学園大学 学長 大日向 雅美 氏
関西大学 人間健康学部 教授 山縣 文治 氏
お茶の水女子大学 基幹研究院 教授 永瀬 伸子 氏
中京大学 現代社会学部 教授 松田 茂樹 氏

<顕彰応募書類送付先・問い合わせ先>
〒241-0802 横浜市旭区上川井町1324
公益社団法人 程ヶ谷基金 事務局 (電話 045-921-0050)

募集要項等詳細は程ヶ谷基金 ホームページをご参照ください。

【2024】程ヶ谷基金 顕彰事業のお知らせ(PDF)

任意団体 群馬医療通訳者有志の会「2024年度第1回講習会」

任意団体 群馬医療通訳者有志の会(GMIA)(Mサポ利用登録者)から、2024年度第1回講習会のお知らせです。
(共催:群馬県)(群馬県共同募金会 赤い羽根共同募金支援事業)

■ 日時
2024年6月29日(土)11:15~14:00

■ 会場
群馬県昭和庁舎 11会議室

■ 内容
① GMIAが目指す活動のお話
② 通訳名簿紹介の取り組みに必要な心得
 皆さんからの質問
③ 医療講義「感染症について」
 群馬県の感染症への取り組みについて
④ ロールプレイ「感染症:保健所での対応」

詳しくは以下の案内をご覧ください。
任意団体群馬医療通訳者有志の会 2024年6月29日第1回講習会チラシ(PDF)

NPO法人Gコミュニティから養成講座のお知らせ

NPO法人Gコミュニティ(Mサポ利用登録者)から養成講座のお知らせです。

<外国人日本語学習支援ボランティア養成講座>
この講座は、外国人が外国人を支援するためのものです。
長年日本に住んでいる等で日本語のできる外国人の方に日本語の教え方を学んでいただく講座です。
日程等、詳しくは以下のチラシをクリックしてご覧ください。
外国人日本語学習支援ボランティア養成講座チラシ(PDF)
     

<外国につながりのある子どもたちを地域で支える 心理コーディネーター養成講座>
この講座は、外国につながりのある子どもたちを地域で支えるにあたっての心理的な問題を、基礎から学んでいただくものです。
参加対象は外国人児童生徒の支援に関心のある日本人と外国人です。
日程等、詳しくは以下のチラシをクリックしてご覧ください。
2024年度 心理コーディネーター養成講座チラシ(PDF)