トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報] NPO法人のための「NPO活動支援整備資金」

 群馬県から「NPO活動支援整備資金」のお知らせです。この資金は、地域社会の発展のために事業を展開するNPO法人を支援するため、県が金融機関と協力して実施する融資制度です。

■ 対象
群馬県内に事務所を置き県内で活動しているNPO法人で、県税を完納している法人

■ 融資限度額
設備資金 2,000万円
運転資金  500万円

■ 利率
年1.7%以内(県信用保証協会の保証なし)
年1.4%以内(県信用保証協会の保証付き)

■ 相談窓口
群馬県県民生活課(TEL:027-226-2290)

 詳しくは、群馬県ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報]公益財団法人公益推進協会 横寺敏夫 患者と家族の支援基金

公益財団法人公益推進協会からのお知らせです。

□ 基金名 「横寺敏夫 患者と家族の支援基金」

■ 目的
この助成事業は、療養中の患者さんやご家族のサポートを積極的に行う団体及び個人に対し、その活動を側面から支援して活動成果の助長奨励の一助とすることで、患者さんやご家族の不安や苦しみが少しでも減り、笑顔が増えることを目的とします。

■ 助成対象
日本国内において実施される活動で、以下の用件のいずれかを満たしたもの。
(1)患者さんやご家族に対する様々な支援活動
(2)その他この基金の目的達成に資する活動

■ 助成件数
2018年は3団体程度(基金実施予定期間2018年~2024年)

■ 助成期間
単年度(2018年8月~2019年7月までの間の活動)

■ 助成額
1事業あたり50万円を上限とする

■ 応募手続き
応募用紙は、当財団ホームページ( http://kosuikyo.com/ )よりダウンロードし、必要事項を記入して郵送してください。

■ 募集期間
平成30年4月1日~6月30日

■ 選考方法及び通知
毎年7月中に当財団の選考委員会において厳正に選考し、常任理事会で決定します。

■ 問合わせ先
公益財団法人公益推進協会
〝横寺敏夫 患者と家族の支援基金″基金事務局 担当高野
〒105-0004 東京都港区新橋6-7-9 新橋アイランドビル2階
TEL:03-5425-4201  FAX:03-5405-1814
e-mail:info@kosuikyo.com

[助成金等募集情報]パブリックリソース財団 「東北3.11基金」2018年度助成プログラム

パブリックリソース財団からのお知らせです。

パブリックリソース財団では、ジャパンカインドネス協会の「ゆび募金」(飲料1本につき2円が寄付金になる募金型自動販売機)からの
寄付を主な原資とし、東日本大震災で影響を受けた子どもたちや保護者を支援するための「東北3.11基金」を創設しました。2018年度助成プログラムを開始しますので、応募をご検討くださいますと幸いです。

■ 応募受付期間: 2018年4月2日~5月1日

<目的と概要>
東日本大震災の被災地では、住宅再建や産業復興が優先され、子どもの日常を回復する活動が後回しになってきました。
本助成は、福島、宮城、岩手の子どもたちをめぐる課題を解決し、子どもたちが自らの力で未来を切り開いていく活動を支援します。

<2018年募集内容>
■ 助成対象
岩手、宮城、福島の被災3県の子どもたちの支援を行っている団体。
法人格の有無は問いません。ただし、次の団体は除きます:国、地方自治体、宗教法人、 個人、営利を目的とした株式会社、有限会社などの組織、趣旨や活動が政治・宗教・思想・ 営利などの目的に著しく偏る団体。

■ 対象となる活動
子どもの電話相談、子育ての家庭訪問、子どもの居場所づくり、遊び場づくり、学習支援、広域避難者支援など、岩手、宮城、福島の子どもたちが自らの力を切り開いていく活動

■ 助成額と使途
総額:80万円
1団体あたり助成額:上限40万円
使途:上記事業にかかわる事業費、人件費、管理費、等。
※奨学金や生活費補助など特定個人への金銭授与を主たる目的とする事業は対象となりません

□ 助成期間
2018年7月1日~2019年6月30日

選考について
□ 選考方法
選考基準に基づき、審査委員会が審査をします。

□ 選考基準
・団体のミッションが明確かどうか
・岩手、宮城、あるいは福島の子どもたちの課題を解決し、子どもたちの未来を切り開くような取り組みをする活動であるか
・計画に妥当性があり、説得力があるか 等

□ 選考結果の通知
2018年5月末日までに、メールにて通知いたします。

□ 助成金の支払い
2018年6月末日までに振込みます

応募について
■ 申請手続き
以下の書類を2018年5月1日必着で、電子メールでお送りください。
・申請用紙
・活動の成果がわかるお写真(1枚~5枚)
・直近の事業報告書・会計報告書

■ 成果報告
2018年12月20日までに「中間報告書」を、2019年6月30日までに「終了報告書」をご提出いただきます。

■ その他
貴団体名や、事業の概要、お写真は、ジャパンカインドネス協会のホームページや、同団体が作成するちらし・パンフレット等に掲載されることを、予めご了承ください。

■ 問合わせ・申請書送付先
公益財団法人パブリックリソース財団
「東北3.11基金」 担当 新井
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25-202
TEL:03-5540-6256 Fax:03-5540-1030
E-mail:arai.toshinobu@public.or.jp

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会前橋市支会「共同募金の配分申請受付(地域分)」

 群馬県共同募金会前橋市支会からのお知らせです。
 
 共同募金の配分申請受付(地域分)を行います。

 6月29日(金)までに、所定の申請書を前橋市支会にご提出ください。

 前橋市支会で受付をするのは、保育所、学童保育所、地域活動支援センター、前橋市内で活動するNPO法人・団体など、地域性の高いものです。(それ以外は群馬県共同募金会で受付します)
 ※行政からの委託事業や、介護保険事業は対象外です。

 詳しくは、前橋市社会福祉協議会ホームページをご確認ください。

 共同募金の配分申請受付(地域分)(PDF)
 

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会「つかいみちを選べる赤い羽根募金」

 群馬県共同募金会からのお知らせです。

 「つかいみちを選べる赤い羽根募金」平成30年度のエントリー団体登録の申請を受付します。

 提出締切は6月20日(火)(必着)です。

■ 対象となる分野・活動
配分対象とする活動分野は地域福祉及び他分野との境界とし、公的制度では解決できない様々な課題の解決に取り組む活動とします。

■ エントリー団体の要件
・福祉に係る社会課題、地域課題を的確に捉えた活動であること。
・課題解決の必要性を広く住民に伝え、共同募金の一環として募金呼びかけができること。
・主に群馬県内で活動する民間の非営利団体で、3人以上の会員で組織し、団体としての活動実績が1年以上であること。(法人格の有無は問わない。)
・政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
・寄付者からの信頼に十分に応えうる組織体制をもち、事業内容及び会計情報を公開できること。

 募集要項・申請書は群馬県共同募金会ホームページ「つかいみちを選べる赤い羽根募金」からダウンロードください。

[助成金等募集情報] 平成30年度前橋市環境保全活動事業補助金

 前橋市から、平成30年度前橋市環境保全活動事業補助金のお知らせです。

 市民及び地域の絆をつなぐことにより、環境に関する施策及び震災等による被害を受けた地域の環境再生等を推進するために設置された「前橋市絆でつなぐ環境基金」を財源として、前橋市内で環境保全に関する活動を行う団体等及び自治会が市民等を対象として行う環境保全啓発活動等に対し補助金を交付します。

■ 補助対象
 1.環境団体
  ア 前橋市内において活動し、市内に活動拠点を有すること
  イ 環境保全活動等をテーマに活動した実績を有すること
  ウ 営利目的でないこと
  エ 特定の政党支持、宗教活動を目的としない団体であること。また、公序良俗に反しない団体であること
  オ 前橋市が実施している他の補助制度による補助を受けていないこと
  ※ 対象団体の法人格の有無は問いません
  ※ 主たる活動目的が環境保全活動以外であっても、過去環境保全活動等をテーマに活動した実績を有する場合は対象

 2.自治会
  ア 主体的に環境保全活動等に取り組む自治会であること

■ 申請期日
平成30年4月27日(金)まで
(自治会は平成31年1月31日(木)まで)
※公募期間内であっても、交付決定総額が予算額に達した時点で受付終了

 詳しくは、前橋市ホームページ「平成30年度前橋市環境保全活動事業補助金について」をご覧ください。

■ 問合せ先
環境政策課 環境森林係
 TEL:027-898-6292
 FAX:027-223-8524
 E-mail:kankyou@city.maebashi.gunma.jp

 

[助成金等募集情報] 福島県「平成30年度 県外避難者帰還・生活再建支援補助金」

 福島県では、「平成30年度 県外避難者帰還・生活再建支援補助金」を募集しています。
 福島県外に避難している方への支援事業を実施する団体等に対して補助するものです。

 応募は、2018年4月13日(金)17:15必着です。

 詳しくは、福島県ホームページ 平成30年度県外避難者帰還・生活再建支援補助金の募集についてをご覧ください。

[助成金等募集情報] 群馬ふるさとづくり賞 応募団体募集

 群馬県からのお知らせです。

 平成30年度群馬ふるさとづくり賞の応募団体を募集しています。群馬ふるさとづくり賞は、群馬県内で独自の優れた地域づくり活動に取り組んでいる団体を顕彰するものです。地域づくり・ひとづくりに取り組んでいるみなさんの地域活動をレポートにして、ぜひご応募ください。

■ 対象団体
 地域住民が自主的に結成・運営している地域活動団体、または地域活動団体と積極的に連携して地域づくり活動に取り組む商店街や学校などで、地域に即した発想・方法などにより地域づくり・ひとづくり活動に2年以上取り組んでいる団体

■ 提出書類(各2部ずつ)
応募用紙、応募レポート、写真、その他資料
詳しくは、群馬県ホームページ「印刷 平成30年度群馬ふるさとづくり賞 応募団体募集!」をご確認ください。

群馬ふるさとづくり賞応募用紙(Word)

■ 提出期限
平成30年5月7日(月)

■ 提出先
群馬県地域づくり協議会事務局(群馬県企画部地域政策課内)
 〒371-8570  前橋市大手町1-1-1
 TEL:027-226-2352
 FAX:027-243-3110

群馬ふるさとづくり賞 応募団体募集(PDF)

  

[助成金等募集情報]モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)「ドコモ市民活動団体助成」

 モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)から「ドコモ市民活動団体助成」のお知らせです。

 Mサポでは「助成金セミナー 子ども支援団体のための助成金活用」を3月7日(水)18:00~19:30に開催します。講師にNPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)理事・事務局長の峯岸和雄氏を招き、「ドコモ市民活動団体への助成」についての概要、助成対象活動の説明、申請書を書くポイントや、質疑応答、事例発表、個別相談を行います。

※「ドコモ市民活動団体助成」の詳細は、MCFホームページをご覧ください。

 申込期限は、3月2日(金)です。みなさまのご参加をお待ちしております。

※ 「助成金セミナー 子ども支援団体のための助成金活用」の詳細は下記URLをご参照ください。
http://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=15902

——————————————————————–
2018年度(第16回)「ドコモ市民活動団体助成」事業概要

1.事業内容
公募による市民活動団体活動資金の助成(日本国内で実施する活動を対象とします)

2.助成対象活動

(1)子どもの健全な育成を支援する次のような活動

①不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール、カウンセリングなど)

②児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援、および虐待防止啓発活動

③非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動

④子どもの居場所づくり(安心・安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)

⑤障がい(身体障がい・発達障がいなど)のある子どもや難病の子どもの支援活動(療育活動、保護者のピアサポート活動など)

⑥マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBT 等)の子どもを支援する活動

⑦地震・台風などの自然災害で被災した子どもを支援する活動

⑧上記①~⑦以外で「子どもの健全な育成」を目的とした活動

(2)経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動

①学習支援活動
 放課後学習サポート、訪問学習支援、学習能力に合わせた個別ケアなど

②生活支援活動
 子育てサロン、子ども食堂、シングルマザーへの支援、フードバンク、居場所の提供など

③就労支援活動
 職業体験、社会的養護退所者の就労支援など

④上記①~③以外で「経済的困難を抱える子どもの支援」を目的とした活動

3.助成金額

助成総額:3,500万円(上限)

(1)子どもの健全な育成を支援する次のような活動
助成総額:70万円(上限)
1団体あたり上限70万円までの応募を可能とし、施設内容などの審査のうえ決定します。
なお、2017年度の助成決定団体からの応募については、1団体あたり上限100万円までの応募を可能とします。

(2)経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動

助成総額:100万円(上限)
1団体あたり上限100万円までの応募を可能とし、施策内容などを審査のうえ決定します。

4.応募受付期間

2018年2月26日(月)~3月31日(土)必着

——————————————————————–
【問い合わせ先】
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局  
〒100-6150
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F
TEL:03-3509-7651  MAIL:info@mcfund.or.jp

[助成金等募集情報]  NHK厚生文化事業団 「わかば基金」

  NHK厚生文化事業団から「わかば基金」のお知らせです。

 「わかば基金」は、地域に根ざした福祉活動を展開しているグループが、活動の幅を広げるための支援をしています。

次の3つの方法で、ボランティアグループやNPOの活動を応援します。

 1.支援金部門
 2.リサイクルパソコン部門
 3.災害復興支援部門
(1つのグループからの複数部門への申請は受け付けません)

■ 支援対象(3部門共通)
地域に根ざした福祉活動を行っているグループ、任意のボランティアグループまたはNPO法人

■ 支援内容・金額
第30回 NHK厚生文化事業団 地域福祉を支援する「わかば基金」ウェブサイトをご確認ください。

■ 受付期間
2018年2月1日(木)~3月30日(金)必着/郵送のみ受付

■ 申請・問合せ先
NHK厚生文化事業団「わかば基金」係
 〒150-0041 東京都渋谷区神南1-4-1
 TEL:03-3476-5955
 E-mail:info@npwo.or.jp