トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報] 公益社団法人程ヶ谷基金「男女共同参画社会の推進及び少子化対策の為の顕彰事業」

 公益社団法人程ヶ谷基金から、「男女共同参画社会の推進及び少子化対策の為の顕彰事業」のお知らせです。

● 論文部門
関連分野での若手研究者の論文(ジェンダー研究なども含む)

● 活動部門
関連分野でのNPO等の活動報告(子育て支援関連なども含む)

<募集要項>
・年齢は原則 満45歳未満
(理事長等が45歳以上の場合も、中心メンバーが満45歳未満であれば可)
・顕彰件数は 合計10件程度
・顕彰金は 最高50万円

<申込期限>
2019年9月30日(月)必着

<外部選考委員>
恵泉女学園大学 学長 大日向 雅美 氏
お茶の水女子大学基幹研究院人間科学系 教授 学長補佐 永瀬 伸子 氏
中京大学 現代社会学部 教授 松田 茂樹 氏

<顕彰応募書類送付先・問い合わせ先>
〒241-0802 横浜市旭区上川井町1324
公益社団法人 程ヶ谷基金 事務局 (電話 045-921-0050)

詳細は、程ヶ谷基金の下記ホームページをご参照ください。
https://hodogaya-foundation.or.jp/equality/req/

公益社団法人程ヶ谷基金「男女共同参画社会の推進及び少子化対策の為の顕彰事業」(PDF)

 

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 「つかいみちを選べる赤い羽根募金」エントリー団体募集

 群馬県共同募金会から、「つかいみちを選べる赤い羽根募金」エントリー団体募集のお知らせです。
 
■ 対象となる分野・活動
配分対象とする活動分野は地域福祉及び他分野との境界とし、公的制度では解決できない様々な課題の解決に取り組む活動とします。

■ エントリー団体の要件
・福祉に係る社会課題、地域課題を的確に捉えた活動であること。
・課題解決の必要性を広く住民に伝え、共同募金の一環として募金呼びかけができること。
・主に群馬県内で活動する民間の非営利団体で、3人以上の会員で組織し、団体としての活動実績が1年以上であること。(法人格の有無は問わない。)
・政治活動、宗教活動を目的とした団体でないこと。
・寄付者からの信頼に十分に応えうる組織体制をもち、事業内容及び会計情報を公開できること。

■ 提出締切
2019年6月20日(木)必着

 詳しくは、群馬県共同募金会 ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 群馬県共同募金会 アサヒ飲料  こども食堂助成

 社会福祉法人 群馬県共同募金会からのお知らせです。
 
 中央共同募金会「赤い羽根福祉基金」・アサヒ飲料株式会社「こどもたちの明るい未来づくり基金」協働プログラムによる助成を行います。

■ 助成対象
こども食堂など、地域住民が継続して子どもたちに関わることができる場を作ることを目的として活動する団体(法人格の有無は問いません)
※昨年度、この助成金を受けたこども食堂は原則として申請できません。

■ 助成金額
1団体あたり16万円(及び飲料寄贈)

■ 助成対象経費
こども食堂などの運営経費や設備整備にかかる費用

■ 助成件数
群馬県で2団体

■ 申請〆切
2019年6月6日(木)、申請書メール送信・添付書類送付必着

■ 申請書提出先
群馬県共同募金会事務局
 
 詳しくは、群馬県共同募金会 ホームページをご覧ください。

■ 問合せ先
群馬県共同募金会(担当・星野)
 TEL:027-255-6596

[助成金等募集情報] Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■□■ Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs <2019年募集>■□■
    応募受付期間:7月16日(火)~7月31日(水)必着
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 本ファンドでは、SDGsが掲げる「貧困の解消」に向けて取り組むNPO/NGOを対象に、「海外助成」「国内助成」の2つのプログラムで、組織課題を明らかにする組織診断や、具体的な組織課題の解決、組織運営を改善するための組織基盤強化の取り組みに助成します。
 皆様からのご応募をお待ちしています。

【「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」2019年 募集概要】

1. 助成対象団体
「海外助成」:新興国・途上国で貧困の解消または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNGO
「国内助成」:日本国内の貧困の解消または貧困と関連のある問題の解消に向けて取り組むNPO

2. 助成対象事業
第三者(※1)の多様で客観的な視点を取り入れた組織基盤強化の取り組みを助成対象とし、
2つのコースを設けています。

◆組織診断からはじめるコース(※2)
1年目に組織診断によって組織の優先課題と解決の方向性を明らかにした上で組織基盤強化
計画を立案し、2年目以降に「組織基盤強化コース」で組織課題の解決や組織運営の改善に
取り組むコース

◆組織基盤強化コース(※2)
既に組織の優先課題と解決の方向性が明らかとなっており、立案した組織基盤強化計画に
基づいて、1年目から具体の組織課題の解決や組織運営の改善に取り組むコース

※1 第三者とは、応募団体が独自に選定するNGO/NPO支援機関やNGO/NPOの組織運営
の実践者、またはNGO/NPO経営支援の専門家等を指します。
※2「組織診断からはじめるコース」は、その後「組織基盤強化コース」に応募することが可能です。
「組織基盤強化コース」は1年継続助成が可能です。いずれも継続助成の選考があります。

3. 助成金額
◆「組織診断からはじめるコース」:1団体への上限100万円
◆「組織基盤強化コース」:1団体への上限200万円
※助成総額(「2019年新規募集分」「継続助成」合計):海外助成1,350万円、国内助成1,350万円、合計2,700万円

4. 助成事業期間
◆「組織診断からはじめるコース」:2020年1月1日(水)~8月31日(月)(8カ月)
◆「組織基盤強化コース」:2020年1月1日(水)~12月31日(木)(1年間)

5. 応募受付期間
2019年7月16日(火)~7月31日(水)必着

6. 応募方法
下記ページに詳しい応募要項、用紙、手引きを掲載しています。

「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」2019年募集概要

————————————————————————
「組織基盤強化ワークショップ2019」ご案内
————————————————————————
5月から6月にかけて全国6カ所で「Panasonic NPO/NGOサポートファンド for SDGs」
の公募説明会を兼ねた「組織基盤強化ワークショップ」を開催します。組織基盤強化の
意味や意義、組織基盤強化に取り組んだ団体の事例を学び、グループワークなどで
組織課題について深く掘り下げる体験型ワークショップ(半日)です。

【開催地(開催日順)】
・福島 5月16日(木) ・東京 5月23日(木) ・神奈川 5月24日(金)
・愛知 5月31日(金) ・京都 6月5日(水)  ・熊本 6月13日(木)

組織基盤強化ワークショップ詳細

[助成金等募集情報] 前橋市環境保全活動事業補助金

 前橋市 環境部 環境政策課から、前橋市環境保全活動事業補助金のお知らせです。

 新しく環境活動を始めたい! 活動の規模を大きくしたい! など、前橋市民を対象に環境団体や自治会が行う環境保全活動に、最大10万円を補助します。

■ 補助対象
<環境団体>
 ① 前橋市内において活動し、市内に活動拠点を有すること。
 ② 定款、規約等を有し、明確な会計経理がなされていること。
 ③ 営利目的でないこと。また、特定の政党支持、宗教活動を目的としない団体であること。
 ④ 公序良俗に反しない団体であること。
 ⑤ 前橋市が実施している他の補助制度による補助を受けていないこと。
※対象団体の法人格の有無は問いません。
※主たる活動目的が環境保全活動以外であっても、申請する事業が環境保全に関する事業であれば対象となります。

<自治会>
 主体的に環境保全活動等に取り組む自治会であること。

■ 対象事業
 前橋市民を対象に環境保全の意識啓発又は環境教育をすることを目的とし、地域の良好な環境保全に資する事業で、次のいずれかに該当するもの。
 ① 地球温暖化対策に係る事業
 ② 自然環境、生物多様性の保全に係る事業
 ③ 省資源、省エネルギーに係る事業

■ 補助金額
補助対象経費の3分の2(千円未満切捨、上限10万円)  

■ 申請期限
2019年4月1日(月)
 ~4月26日(金)(一次募集)
 ~5月31日(金)(二次募集)(交付決定総額が予算額に達した時点で受付終了)

 詳しくは、前橋市ホームページをご覧ください。

■ 問合せ先
前橋市 環境部 環境政策課
 TEL:027-898-6292(直通)
 FAX:027-223-8524

 前橋市環境保全活動事業補助金(PDF)

[助成金等募集情報] 都市緑化機構「緑の環境プラン大賞」「緑の都市賞」

 公益財団法人都市緑化機構より、「緑の環境プラン大賞」「緑の都市賞」のお知らせです。

「緑の環境プラン大賞」
シンボル・ガーデン部門 助成上限800万円、3件程度
ポケット・ガーデン部門 助成上限100万円、10件程度
特別企画「おもてなしの庭」上限2020万円、1件
募集期間:2019年4月1日(月)~6月30日(日)
緑の環境プラン大賞(PDF)

  

「緑の都市賞」
緑の市民協働部門
(ボランティアを基本とした緑化活動で、地域の社会や環境に貢献するもの)
応募締切 2019年6月30日(日)
緑の都市賞(PDF)

[助成金等募集情報]モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)「ドコモ市民活動団体助成」

NPO法人 モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)から「ドコモ市民活動団体助成事業」のお知らせです。

2019年度(第17回)「ドコモ市民活動団体助成事業」概要

■ 助成対象活動

(1)子どもの健全な育成を支援する次のような活動

①不登校・ひきこもりの子どもや保護者に対する精神的・物理的な支援、復学・社会的自立支援活動(フリースクール、カウンセリングなど)

②児童虐待やドメスティック・バイオレンス(DV)、性暴力などの被害児童・生徒や社会的養護を必要とする子どもの支援、および虐待防止啓発活動

③非行や犯罪から子どもを守り、立ち直りを支援する活動

④子どもの居場所づくり(安心・安全な居場所の提供、子どもの不安や悩みに対する相談活動など)

⑤障がい(身体障がい・発達障がいなど)のある子どもや難病の子どもの支援活動(療育活動、保護者のピアサポート活動など)

⑥マイノリティ(外国にルーツを持つ、LGBT 等)の子どもを支援する活動

⑦地震・台風などの自然災害で被災した子どもを支援する活動

⑧上記①~⑦以外で「子どもの健全な育成」を目的とした活動

(2)経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動

①学習支援活動
 放課後学習サポート、訪問学習支援、学習能力に合わせた個別ケアなど

②生活支援活動
 子育てサロン、子ども食堂、シングルマザーへの支援、フードバンク、居場所の提供など

③就労支援活動
 職業体験、社会的養護退所者の就労支援など

④上記①~③以外で「経済的困難を抱える子どもの支援」を目的とした活動

■ 助成金額

助成総額:3,500万円(上限)

(1)子どもの健全な育成を支援する次のような活動
助成総額:70万円(上限)

(2)経済的困難を抱える子どもを支援する次のような活動
助成総額:100万円(上限)

■ 応募受付期間

2019年2月25日(月)~3月31日(日)必着

※「ドコモ市民活動団体助成」の詳細は、MCFホームページをご覧ください。

■ 問合せ先
NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局  
〒100-6150
東京都千代田区永田町2-11-1 山王パークタワー41F
TEL:03-3509-7651  MAIL:info@mcfund.or.jp

——————————————————————–

Mサポでは「助成金活用セミナー 子ども支援団体のための助成金活用」を3月8日(金)18:30~21:00に開催します。
川北秀人氏による助成金活用についての講演や、NPO法人モバイル・コミュニケーション・ファンド(MCF)事務局より、「ドコモ市民活動団体への助成」についての説明、申請書を書くポイントや、質疑応答、個別相談を行います。

さまざまな分野の助成金申請の参考になります。
みなさまのご参加をお待ちしております。

※ 「助成金セミナー 子ども支援団体のための助成金活用」の詳細は下記URLをご参照ください。
http://maebashi-shiminkatsudo.jp/news/?p=15902

[助成金等募集情報] 宝ホールディングス株式会社「タカラ・ハーモニストファンド」

 宝ホールディングス株式会社から、「タカラ・ハーモニストファンド」のお知らせです。

 日本の森林や水辺の自然環境を守る活動や、そこに生息する生物を保護するための研究に対して助成します。

■ 募集対象
自然環境を守り、育てる活動または研究を実践する個人および団体

■ 応募締切
2019年3月末日

■ 助成金額
2019年度の助成金総額は500万円前後、助成件数は10件程度

 応募要項、申請書等、詳しくはタカラ・ハーモニストファンド ホームページをご覧ください。

 

[助成金等募集情報] 国際緑化推進センター 「緑の募金事業」

 公益財団法人 国際緑化推進センターから、「緑の募金事業」による交付金助成のお知らせです。

 「緑の募金事業」では、ボランティア団体などによる森林保全活動や緑化活動を促進するため、それらの活動への助成を行っています。

 公募期間:2019年2月15日~3月31日(当日消印有効)
 実施期間:2019年7月1日~2020年6月30日の間
 助成額: 300万円まで

 支援内容等、詳しくは緑の募金事業ウェブサイトをご覧ください。

 2019 緑の募金 募集案内(JIFPRO)(PDF)

 

[助成金等募集情報] 全日本社会貢献団体機構 特別助成

 全日本社会貢献団体機構から、2019年度 特別助成のお知らせです。

 全日本社会貢献団体機構では、全日本遊技事業協同組合連合会の社会貢献基金や樹不均等を財源に、2019年度、パチンコ・パチスロ依存問題の予防と解決に取り組む団体・研究機関に助成しています。

■ 申請期間
2019年2月5日(火)~2019年2月28日(木)17:00 原本・データ必着

■ 助成限度額
1件 200万円

 詳しくは、全日本社会貢献団体機構 特別助成(PDF)をご覧ください。