トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報]地域から孤独をなくそう~みんなが社会の一員として包み支えあうしくみづくり~

社会福祉法人 群馬県共同募金からのお知らせです。

「地域から孤独をなくそう~みんなが社会の一員として包み支えあうしくみづくり~」が共同募金の全国共通助成テーマとして掲げられています。
また、生活困窮者自立支援制度も3年目を迎え、顕在化していない対象者の把握や自立支援に必要なサービスの先駆的開発など、インフォーマル分野の充実が急務となっています。
誰もが安心して暮らせるインクルーシブな地域を構築するために、赤い羽根共同募金は、特別配分を実施します。

■ 事業実施年度
平成30年度

■ 対象
社会福祉法人(社協含む)、更生保護法人、特定非営利活動法人、公益(一般)社団(財団)法人、任意団体
市民活動支援センター等の中間支援組織

■ 配分対象事業
地域で孤立するおそれのある人(※)を社会の一員として包み支え合うしくみづくり(ソーシャルインク―ジョン)など、今日的な福祉課題に対して様々な角度からアプローチするための次の事業(複数事業の組み合わせ可能)
①多職種・多分野連携、地域連携等によるネットワーク構築
②ニーズ調査、事例研究、新規事業の提案・開発
③ソーシャルインクルージョン等を目的とした先駆的活動及び啓発事業
④①~③の担い手育成、活動団体の組織基盤強化支援事業
※:地域で孤立するおそれのある人の例
ひとり親家庭、障害のある人、薬物依存症の人、DV被害者、不登校、ニート、ひきこもり、ホームレス、経済的困窮者、独居高齢者、介護者、被災避難者、地域に暮らす外国人など

■ 配分限度額
申請事業にかかる経費の90%以下(上限50万円)

■ 申請方法
所定の様式により申請書を作成し、県共同募金会に提出(郵送可)

■ 申請締切
平成29年11月30日(木)必着

■ 審査方法
・申請額が20万円以下の場合は書類審査
・申請額が20万円を超える場合は面接or現地調査

■ 問い合わせ・申請書提出先
社会福祉法人 群馬県共同募金会
〒371-0843 前橋市新前橋町13-12
TEL:027-255-6596
FAX:027-255-6214
要項・申請書様式掲載サイト≫http://www.akaihane-gunma.or.jp/

[助成金等募集情報]損保ジャパン日本興亜福祉財団「NPO基盤資金強化資金助成」の募集

損保ジャパン日本興亜福祉財団からのお知らせです。

2017年度の「NPO基盤資金強化資金助成」の募集を開始します。
「認定NPO法人取得資金」(全国)のプログラムで助成先を募集します。
皆様からのご応募をお待ちしております。

<募集内容(概要)>
■ 募集地域
日本全国
■ 助成対象者
社会福祉分野で活動し、認定NPO法人の取得を計画している特定非営利活動法人
■ 助成内容
「認定NPO法人」の取得に関する費用であれば、使途は問いません。
■ 助成金額
1団体30万円(総額600万円を予定)
■ 募集期間
9月15日(金)~10月31日(火)
■ 詳細・申込み
損保ジャパン日本興亜福祉財団HP⇒http://www.sjnkwf.org/

■ 問い合わせ
(公財)損保ジャパン日本興亜福祉財団
TEL:03-3349-9570

[助成金等募集情報]地域の結婚応援事業費用補助金の追加募集

群馬県からのお知らせです。

 県は、少子化対策の一環として、若者の「家族の理想」実現を応援する取組を県内各地域に広げていくため、民間団体等の取組を支援する補助制度を実施しています。
 このたび、本補助金の対象事業を以下のとおり追加募集しますので、是非御活用下さい。

■ 対象団体
・民間の非営利団体(特定非営利活動法人、社会福祉協議会、商工会議所、商工会、大学など)
・3社以上の複数企業

■ 対象事業の期間
交付決定の日から平成30年3月14日(水)までに実施する事業

■ 補助限度額・補助率
補助限度額:1団体等につき250,000円以内(1年度当たり)
補助率:10分の10以内

■ 対象経費
講師謝金・旅費、会場使用料、会場設営費、託児委託料、広報費、資料代、通信費、消耗品費、振込手数料等
※備品購入費及び参加者の飲食費や交通費等は対象外です。

■ 対象事業の要件
・原則として広く参加者を募集するもの(1回あたり少なくとも20名程度)
・今後、取組を県内に広域的に広げようとする意図を有するもの又は実際に広域化を試みる取組であること。
・以下のいずれかに当てはまるもの
[1] 多様なライフプランニング支援(例:若年層に対するライフデザイン構築セミナーなど)
[2] ワーク・ライフ・バランスや男性の家事・育児等の推進に資する多様な交流の機会の提供(例:性別役割分担意識や働き方改革等をテーマとしたセミナーあるいはワークショップ、赤ちゃんとの触れあい体験を通じた交流の場など)
※国及び県の他の補助金を受けて実施するものは除きます。また、婚活を主たる業務とする企業が、当該業務に関連して営利活動を行う事業は補助の対象外になります。

■ 募集期間
平成29年11月30日(木)まで
※補助金申請額が予算額に達した時点で、受付を終了します(先着順)

■ 応募方法
所定の申請書に必要事項を記入し、添付資料を添えて提出してください。
※審査等により、交付を決定しない場合や交付額等が減額となる場合があります。

■ 申請書
県ホームページに掲示しているファイルをダウンロードしてお使いください。
※応募に当たっては、必ず交付要綱をご確認ください。
交付要綱・申請書の掲示ページはこちら

■ 問い合わせ先
群馬県 こども未来部こども政策課 少子化対策係
TEL:027-897-2725
FAX:027-226-2100
mail:kodomo-mirai@pref.gunma.lg.jp

[助成金等募集情報] 群馬県社会福祉協議会 平成29年7月九州北部豪雨災害 災害ボランティア活動助成事業

 群馬県社会福祉協議会から、平成29年7月九州北部豪雨災害 災害ボランティア活動助成事業の案内です。

 群馬県社会福祉協議会では、県内の市町村社会福祉協議会やボランティア・市民活動団体等が災害支援ボランティア活動を実施する際、その初動活動資金を速やかに助成し、迅速な生活支援活動に資することを目的として群馬県災害ボランティア積立金助成事業による助成を行っています。この度の平成29年7月九州北部豪雨災害に対する福岡県ならびに大分県におけるボランティア活動に対して、助成を行います。

■ 対象要件
群馬県内に活動拠点を置く5名以上で構成されたボランティアグループ、NPO、市民活動団体、市町村社会福祉協議会等の非営利団体
(個人、行政機関、営利企業法人等は除く)

■ 助成対象事業
原則として被災地の災害ボランティアセンターを経由したボランティア活動
群馬県社会福祉協議会会長の承認を得た事業
複数名での活動

■ 助成対象経費
【対象となる経費の例】
・ボランティア活動に要する現地までの交通費、宿泊費
(本会旅費規程に定める宿泊料を上限とする)
・ボランティア活動に要する資機材等の購入または借上費用
・ボランティア活動に要する消耗品等の購入費用
(個人装備に係るものは除く)
・バスやレンタカー等車両の借り上げ、ガソリン代金、有料道路通行料、駐車料金
・炊き出し・配食の食材の購入および機材・食器類の購入または借り上げ 等

【対象とならない経費の例】
・活動者自身の飲食代、保険料
・義援金、支援金への本助成金の流用 等

■ 助成額
1団体につき20万円を上限に助成(10団体程度の助成予定)

■ 申請手続き、様式
群馬県社会福祉協議会ホームページ 平成29年7月九州北部豪雨災害 災害ボランティア活動助成事業のご案内 参照

■ 申請受付期間
平成29年8月31日(木)まで

■ 助成対象活動期間
平成29年7月11日(火)~9月30日(土)

■ 申込先・問合せ先
社会福祉法人群馬県社会福祉協議会
ぐんまボランティア・市民活動支援センター
 〒371-8525 前橋市新前橋町13-12
 TEL:027-255-6111  FAX:027-255-6173
 URL:http://www.g-shakyo.or.jp/

[助成金等募集情報]生命保険協会 元気シニア応援団体に対する助成活動

 一般社団法人生命保険協会からのお知らせです。

 本活動は、地域社会において、高齢者を対象にした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動に取り組んでいる民間非営利の団体等に対し、資金の助成を行うことで、高齢者が健やかで心豊かに生活できる地域社会の環境整備に寄与し、地域福祉の一層の推進を図るものです。

■ 助成対象となる活動
 日本国内において、構成員だけでなく地域の高齢者を対象とした健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等の活動(従来からの継続活動でも新規活動でも構いません)

 ◎対象となる活動例
 ・身体向上活動(虚弱化予防のための健康体操やウォーキング等)
 ・自立支援活動(外出支援による閉じこもり防止対策、配食による栄養改善等)
 ・生きがいづくり活動(趣味活動等を通じた心身の健康確保等)
 ・交流活動(交流サロンでの同世代・他世代とのコミュニケーションによる心身の健康確保等)
 ・情報提供活動(高齢者向けの健康管理・増進に役立つ情報誌の発行等)
 ・支援者養成活動(認知症サポーターの育成等)
 ・その他、高齢者の健康管理・増進、自立支援、生きがいづくり等をするうえで、効果的と認められる活動

■ 助成対象となる団体
上記の活動を行う民間非営利の団体、ボランティアグループ、NPO法人等で、所定の要件(申請時点で1年以上の活動実績を有し継続して運営している等)を満たす団体
※法人格を有する団体は、NPO法人、一般社団法人および一般財団法人のみ対象。

■ 助成金額
1団体当り上限12万円(助成総額最大500万円)

■ 申込方法等
所定の「助成申請書」に必要事項を記入し、正本1部・副本(コピー)1部を所定の必須添付書類とともに、下記宛先まで必ず郵便(簡易書留)で送付。(持参、FAX・電子メールによる送付は不可)
※募集要項や助成申請書はホームページ(http://www.seiho.or.jp/activity/social/senior/guideline/)に掲載しております。ダウンロードできない場合等は、下記宛先に連絡先を明記のうえ、FAX(またはハガキ)でご請求ください。

■ 申込期間
2017年8月2日(水)~9月30日(土) <当日消印有効>

■ 選考・発表
選考審査会で選考し、選考結果を全ての申請団体に直接書面にてお知らせします。
助成対象団体名等は、ホームページ等で公表します。(2018年2月上旬予定)

■ 問い合わせ先
〒100-0005 千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3階
生命保険協会「元気シニア応援活動」事務局
TEL:03-3286-2643 FAX:03-3286-2730
URL:http://www.seiho.or.jp/

[助成金等募集情報] トヨタ財団「国内助成プログラム」

 公益財団法人 トヨタ財団からのお知らせです。

 国内助成プログラムでは2017年度も「未来の担い手と創造する持続可能なコミュニティ ―地域に開かれた仕事づくりを通じて―」をテーマに公募を行います。

■ 応募受付期間
2017年9月1日(金)9:00 ~ 2017年9月29日(金)15:00

■ 募集要項、記入ガイド等
トヨタ財団ウェブサイト 2017年度国内助成プログラムよりダウンロード

■ 問合せ先
公益財団法人トヨタ財団 国内助成プログラム 
 TEL:03-3344-1701
 FAX:03-3342-6911
 URL:http://www.toyotafound.or.jp/

 

[助成金等募集情報] 中央ろうきん 若者応援ファンド2018

 ろうきんは、働く人の夢と共感を創造する協同組織の福祉金融機関です。「勤労者の生活を守り向上させる」という使命のもと、働く人を取り巻く社会的課題の解決に寄与し、人々が喜びを持って共生できる社会の実現に寄与することを目的としています。

 中央ろうきんは、“働きたくても、働けない”若者の自立就労に関する市民活動を支えることで、若者が、どのような困難な事情を抱えていても、地域で働き、夢や希望を描ける社会を実現することを目指しています。この目的を実現するため、中央ろうきんは、社会的不利・困難を抱える若者の就労支援に特化した助成制度「若者応援ファンド2018」を実施します。

■ 対象となる事業
 家庭環境や経済状況、病気や障害などの諸事情による社会的不利・困難を抱え、不安定な就労や無業の状態にある若者(15歳~39歳)の“はたらく”を応援するために、多様な人・組織が連携して取り組む事業を対象とします。具体的には、以下の(1)および(2)に合致する事業を対象とします。

(1)対象となるテーマ
【A】若者応援の出口をつくる、出口につなげるプログラム
〔生活保障、生活支援、就労支援、中間的就労、雇用創出など〕

【B】若者と社会をつなぐ支援者(スタッフ・ボランティア)を育てるプログラム
〔人材育成、スキルアップ、支援者拡大など〕

(2)対象となる活動
多様な人・組織が活動の分野や領域を越えて連携し、若者応援の仕組みやプログラムをスケールアップ・スケールアウトする活動〔新規事業の立上げも可〕

■ 対象となる団体
以下のすべての要件を満たす団体
○ 営利を目的としない民間団体(NPO法人、任意団体など)であること
○ 1都7県(茨城、栃木、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、山梨)を主たる活動の場としていること〔上記範囲で広域的に活動する団体も対象〕
○ 団体として、代表者責任が明確であり、会計処理が適切に行われていること
○ 反社会的勢力でないこと

■ 助成期間と金額
(1)助成対象期間
2018年4月1日~2019年3月31日
(2)助成総額
概ね1,500万円
(3)助成金額
1団体あたり50万円~200万円
※過去に本ファンドの助成を受けた団体の応募上限額は100万円

■ 応募期間
2017年10月2日(月)~10月27日(金)〔17時必着〕

■ 応募用紙、記入の手引き
中央ろうきんホームページ 若者応援ファンドよりダウンロード

■ 応募書類送付先、問合せ先
中央ろうきん社会貢献基金(中央労働金庫 総合企画部内)
 〒101-0062 東京都千代田区神田駿河台2-5
 TEL:03-3293-2048 FAX:03-3293-2007

[助成金等募集情報] ハウジングアンドコミュニティ財団 『「住まいとコミュニティづくり活動助成事業」成果報告会-まちづくりNPO交流の集い-』 

 一般財団法人 ハウジングアンドコミュニティ財団からのお知らせです。

『「住まいとコミュニティづくり活動助成事業」成果報告会-まちづくりNPO交流の集い-』を開催します。平成28年度「住まいとコミュニティづくり活動助成事業」助成対象団体の活動内容と成果の報告及び参加者との交流を行います。どなたでもご参加いただけます。

■ 日時
平成29年9月9日(土)13:30~19:00

■ 会場
大手町ファーストスクエア カンファレンスRoom B(東京・大手町)
 東京都千代田区大手町1-5-1 ファーストスクエア イーストタワー2階

■ 参加対象
どなたでも

■ 参加費
無料

■ 定員
100人(先着順)

■ 申込み締切
平成29年9月4日(月)

■ 申込み・問合せ先
一般財団法人ハウジングアンドコミュニティ財団
 〒108-0014 東京都港区芝4-2-3 NMF芝ビル4階
 TEL:03-6453-9213  FAX:03-6453-9214
 URL:http://www.hc-zaidan.or.jp/

 住まいとコミュニティ活動助成事業 成果報告会(PDF)
 
   

[助成金等募集情報] エクセレントNPO大賞

 「エクセレントNPO」をめざそう市民会議(認定NPO法人言論NPO内)からのお知らせです。

 「エクセレントNPO」大賞は、質の向上をめざし、自己評価を行いながら改善につとめる非営利組織を応援し、新聞社の協力を得て、社会に「見える化」をすることを目的としています。 
 この賞は、エクセレントNPO基準に基づいて、自己評価をしていただき、それを以て、応募していただきます。審査も同じ基準に基づき行われます。表彰式では、審査員より講評が発表されますが、評価基準に基づいて、何が高く評価され、何が課題とされているのかについて具体的に説明します。応募された全ての団体の自己評価書(応募用紙)に対して、フィードバック・レターをお送りしています。

■ 応募資格 
国内外における社会貢献を目的とした、市民による日本国内のNPOなど民間非営利組織
(法人格の有無不問) 自薦、他薦可

■ 応募期間
2017年7月31日(月)~9月30日(土)

■ 応募方法
エクセレントNPO大賞運営事務局 ホームページを確認
エクセレントNPO大賞(PDF)参照

■ 問合せ先
「エクセレントNPO」をめざそう市民会議事務局
 〒104‐0043 東京都中央区湊1丁目1番12号  4階 言論NPO内
 TEL:03-6262-8772(平日9時30分~17時30分受付)
 FAX:03-6262-8773(24時間受付)
 E-mail:enpo@genron-npo.net
 URL:http://www.excellent-npo.net/

[助成金等募集情報] 群馬県 子どもの居場所づくり応援事業補助金

 群馬県からのお知らせです。

 「平成29年度子どもの居場所づくり応援事業補助金」対象事業を募集します。さまざまな家庭の事情で、放課後等にひとりで過ごす子どもが、大人や仲間と関わりながら安心して過ごし、生活していく力を身につけられるよう子どもの居場所づくり事業を支援します。

■ 対象団体
群馬県内で子どもの居場所づくり事業を実施する民間団体

■ 対象事業の要件
次に掲げる要件を全て満たす子どもの居場所づくり

 ア 次のいずれかに該当する子どもの居場所づくりであること。
  食事の提供を含む子どもの居場所づくり(以下「子ども食堂」という。)
  学習の支援を含む子どもの居場所づくり
  遊びや体験活動等を通じて生活習慣を身につけることができる事業や相談支援などの居場所づくり
 イ 概ね月1回以上、1年以上継続して事業を実施する見込みがあること。
 ウ 団体の構成員の親族を除き、5名以上の子どもの利用が見込めること。
 エ 利用料は無料又は実費相当額とすること。
 オ 責任者を1名配置し、事故や食中毒に対応する保険に加入すること。
 カ 子ども食堂を実施する場合は、食品衛生法等を遵守し、保健所の指導に基づき飲食業の営業許可を受ける等、所要の衛生管理を行うこと。
 キ 食品を提供する場合は、食物アレルギー対策に十分留意し、子どもの健康情報及び緊急連絡先を事前に確認すること。
 ク 福祉的な支援を必要とする子どもや保護者について、市町村等と連携し、必要な支援に結びつけるよう努めること。
 ケ 本事業の対象経費に対し、重複して他の補助金等の交付を受けないこと。

■ 補助対象経費
平成29年4月1日から平成30年3月31日までに実施する次の経費
 ア 衛生管理・安全確保体制の整備に必要な経費(事業開始初年度のみ)
 イ 子どもの居場所開設環境整備に必要な経費(すでに取り組んでいる事業については、事業拡大や新規事業の追加等、現在の機能を強化させるために必要な経費とする。)

■ 補助金額
200,000円以内(対象経費の10分の10以内) ※補助金の予算総額は300万円

■ 募集期間
平成29年7月3日(月)~7月31日(月)必着

■ 補助対象経費承認申請書、実施計画書
群馬県ウェブサイト 「平成29年度子どもの居場所づくり応援事業補助金」対象事業を募集します よりダウンロード

■ 問合せ先
群馬県こども未来部子育て・青少年課 子育て支援係(県庁17階北側フロア)
 TEL:027-226-2622
 URL:http://www.pref.gunma.jp/03/bv01_00009.html