トップページ > お知らせ

お知らせ

助成金等募集情報

[助成金等募集情報] 社会福祉法人中央共同募金会 休眠預金等を活用した当事者会のピアサポート支援事業~生きづらさを抱えた者に対する当事者活動支援事業~

 社会福祉法人中央共同募金会から、休眠預金等を活用した当事者会のピアサポート支援事業~生きづらさを抱えた者に対する当事者活動支援事業~のお知らせです。

 中央共同募金会は、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(平成28年法律第101号)」に基づく指定活用団体である一般社団法人日本民間公益活動連携機構(JANPIA)により資金分配団体として採択され、「当事者会のピアサポート支援事業」の実行団体を募集することとなりました。

 この助成事業は、これまでの「赤い羽根福祉基金」による助成事業がめざしてきたものをふまえ、当事者同士の支え合いを通じて、「生きづらさ」を抱えていてもその人がその人らしく幸せに暮らせる社会を構築することを目的に実施します。

 応募締切は2020年2月9日(日)です。

◆ 休眠預金等を活用した当事者会のピアサポート支援事業 公募助成募集に係る説明会
 日時:2020年1月17日(金)16時~18時
 会場:全国社会福祉協議会第1会議室
 (東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル5階)
 問い合わせ先:社会福祉法人 中央共同募金会 基金事業部 担当:田中、熊谷
 (tel.03-3581-3846 email: kyumin@c.akaihane.or.jp)

 詳しくは、社会福祉法人 中央共同募金会 ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム   休眠預金等活用事業:2019年度「台風15号・19号被災地支援プログラム」

 特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォームから、休眠預金等活用事業 2019年度「台風15号・19号被災地支援プログラム」公募のお知らせです。

 ジャパン・プラットフォーム(JPF)は、一般財団法人日本民間公益活動連携機構により、休眠預金等活用法に基づく災害支援の事業領域における「質の高い継続的な被災地支援」の資金分配団体に選定されています。
 
 2019年度「台風15号・19号被災地支援プログラム」を通じて、2019年に発生した台風15号、19号による被害を受けた地域の被災者や、地域の復興を支援する民間非営利活動に助成を行います。

■ 対象地域
2019年に発生した台風15号、19号の被害にあった地域

■ 対象事業
 上記被災地において、支援が不足、または行き届いていない被災者への支援事業
 当該申請団体のみならず、公共機関や民間支援団体等との連携により被災地の課題を解決する事業
 対象の災害支援を行いながら、今後の対象地域における災害対応に資する活動

■ 活動例
 ボランティアマネジメント(被災家屋の復旧に関わる支援などのコーディネート、研修など)
 支援情報等の共有(自治体等多様な支援主体間の情報共有や情報発信)
 サロン開催・運営(被災者の心のケアに資する活動)
 在宅被災者等の生活状況に関する調査活動 
 災害対応に向けた組織基盤強化に関する研修(組織基盤強化のみの事業は対象外)
 その他被災者の支援に資する活動

■ 助成総額
5,000万円
1事業年度当たりの1団体への助成金の目安 最大1,000万円/1年(最長3年)

■ 公募締切
2020年2月28日 18:00必着

 詳しくは、特定非営利活動法人ジャパン・プラットフォーム ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 公益財団法人日本国際交流センター 「外国ルーツ青少年未来創造事業」

 公益財団法人日本国際交流センターから、「外国ルーツ青少年未来創造事業」助成団体募集のお知らせです。

 日本国際交流センターは、休眠預金等交付金を活用した「外国ルーツ青少年未来創造事業」として、外国にルーツをもつ子供・若者にかかわる活動を行う団体に対して、助成を行います。

■ 助成額及び採択団体数(予定)
1団体あたりの助成額(3年間の総額の目安) 2,000万円~3,500万円
5~6団体採択予定

■ 対象となる団体・活動
 日本国内(全国)において外国ルーツ青少年を対象とする以下の活動を行う団体を対象とします。
 本助成事業は新規企画支援企業ですので、1~3いずれかに限定した活動ではなく、来日時期、来日前の就学・学習経験、言語、文化等、様々な背景を伴った外国ルーツ青少年のニーズ及びライフサイクルを見通した複合的な活動や、複数団体の連携事業を期待します。
 1. 外国ルーツ青少年が適切な学校教育を受けられるような準備が整うための活動
 2. 外国ルーツ青少年が希望する職業やキャリアに就けるような準備が整うたのの活動 
 3. 外国ルーツ青少年が孤立から抜け出し学校生活や社会活動を行えるような準備が整うための活動
 4. 1から3に関連する地域プラットフォーム形成のための活動

■ 公募期間
2019年12月23日~2020年2月4日

 詳しくは、公益財団法人日本国際交流センター ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 一般社団法人全国食支援活動協力会「こども食堂サポート機能設置事業」

 一般社団法人全国食支援活動協力会から、「こども食堂サポート機能設置事業」助成団体募集のお知らせです。
 
 この度、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく資金分配団体として採択され、民間公益活動を行う団体(以下「実行団体」という。)に対して助成を行うことになりました。

 将来の担い手である子どもたちの健やかな育ちを応援するこども食堂等子どもの居場所づくりを行う団体が持続可能な運営をしていくためには、各地域の中間支援組織が個々のこども食堂をはじめとする団体の相談窓口の役割を担い、資源開発や多様な機関とのネットワーク形成を図ることが必要だと考えています。

 本助成事業を通して、こども食堂の持続的な運営に資する「こども食堂サポートセンター」機能を設置する中間支援組織を実行団体として選定し、ネットワーク形成支援、組織基盤強化支援を行うことを目的としています。

■ 採択予定実行団体数
4団体程度

■ 助成総額
7,100万円(予定)

■ 助成上限額
1,775万円/件 (3年度分)

■ 公募期間
2019年12月5日(木)~ 1月31日(金)(必着)

 詳しくは、一般社団法人全国食支援活動協力会「こども食堂サポート機能設置事業」ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 特定非営利活動法人エティック「子どもの未来のための協働促進事業」

 特定非営利活動法人エティック(以下、ETIC.)は、休眠預金等活用法に基づく資金分配団体として、「子どもの未来のための協働促進助成事業」を実施します。

 本事業では児童虐待、子どもの貧困、いじめ、教育格差、子どもの自殺など子どもやその家族を取り巻く不条理な課題の解決に向けて、3~5団体に対して1団体当たり最大6000万円/3年(助成金総額1億7,500万円/3年)の資金的支援および非資金的支援を3年間行います。

 対象は民間の非営利法人、地域社会で行政等セクターや専門性を越えた協働により、子どもやその家族を支える地域社会システムをつくる事業です。2020年1月中旬公開の募集要項をご確認ください。

※実行団体の事業・サービスによる直接の事業成果のみを目的とした事業は対象となりません。

 詳しくは、特定非営利活動法人エティック ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 認定NPO法人まちぽっと「市民社会強化活動支援事業」

 認定NPO法人まちぽっとから、「市民社会強化活動支援事業」助成団体募集のお知らせです。

 認定NPO法人まちぽっとは、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく資金分配団体に選定されました。地域で様々な活動を進めている団体を対象にして、「つながり」と「当事者の参加」をもとにした事業活動に対して助成を行います。

■ 公募期間
2019年12月20日(金)~2020年1月20日(月) 23:59

■ 助成期間
2020年4月~2023年3月末

■ 助成予定団体数及び1団体あたりの助成額
最大10団体程度、1年あたり200万円(最長3年間で600万円)

■ 助成対象団体
多様で複数の組織・団体と協力のもとに事業活動を進めている、進めようとしている団体
法人格の種類は問いませんが、原則として非営利の団体

■ 助成対象事業
一定のまた個別の課題を抱えた人を対象とした事業活動や、組織・団体を支援している事業活動など、事業活動のテーマや対象は問いません

 詳しくは、認定NPO法人まちぽっと ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 独立行政法人福祉医療機構 WAM助成 

 独立行政法人福祉医療機構(WAM)より、WAM助成のお知らせです。

 福祉医療機構(WAM)では、NPOやボランティアなどの民間団体の皆さんによる福祉活動を助成金で支援しています。現在、令和2年度分の助成対象事業を募集しております。

 令和2年度は、「通常助成事業」とは別に、これまで民間福祉活動団体が培ってきたノウハウをもとに事業をさらに発展させ、事業を通じて新たに明らかとなった課題や社会的に認知が進んでいない課題に対応することを目的に、新規性又は先駆性のある「モデル」となり得る活動を募集します。

■ 提出期限
通常助成事業:令和2年2月3日(月)
モデル事業 :令和2年2月3日(月)

▼ 令和2年度WAM助成(社会福祉振興助成事業)の募集について
 詳細は、以下のリンク先をご覧ください。

(通常助成事業)https://www.wam.go.jp/hp/r2_wamjyosei/
(モデル事業) https://www.wam.go.jp/hp/r2_wamjyosei_model/
 また、下記の日程で令和2年度WAM助成募集説明会を開催します。募集の概要説明とあわせて、優良事例や事業計画立案時のポイントも紹介します。ぜひご参加ください。

▼ 募集説明会のお申込みはこちらから
https://www.wam.go.jp/hp/r2_wamjyosei_setsumei/

【日時・場所・優良事例紹介団体】

東京会場…令和2年1月17日(金)13時30分~15時30分
     独立行政法人 福祉医療機構 10階大会議室
                    (東京都港区)

  <優良事例紹介団体>
   団体名 特定非営利活動法人ちば地域生活支援舎
   事業名 「子どもを地域で包括的に支援するアウトリーチ型
        多機能拠点づくり事業」

福岡会場…令和2年1月15日(水)14時15分~16時00分
     福岡市NPO・ボランティア交流センターあすみん
                   (福岡県福岡市)

  <優良事例紹介団体>
   団体名 特定非営利活動法人コレクティブ
   事業名 「仮設団地から復興に向う住民の支援事業」

※個別助成相談(希望者のみ:事前予約制)は、説明会終了後に予定しております。

 

[助成金等募集情報] 公益財団法人 洲崎福祉財団 「障害児・者に対する自立支援活動への助成募集」

 公益財団法人 洲崎福祉財団から、「障害児・者に対する自立支援活動への助成募集」のお知らせです。

● 名称   令和元年度下期 障害児・者に対する自立支援活動への助成募集

● 支援種別 助成金

● 支援元  公益財団法人 洲崎福祉財団

● 応募地域 関東1都6県(東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬)

● 対象事業
 ・障害児・者の自立と福祉向上を目的とした各種活動
 ・障害児・者に対する自助・自立の支援事業
 ・助成決定以降、令和2年6月1日から事業を開始し、令和2年11月30日 (半年以内)までに完了する事業

● 対象団体
 ・非営利法人、任意団体としての活動が3年以上
  ※法人格がない場合でも当財団の理念に沿う公益活動において3年以上の継続的な実績と、
  これを証明する資料があり、且つ今後2年以内に法人化する予定がある団体は対象。
 ・申請事業の拠点住所(実施場所)が、東京 神奈川 千葉 埼玉 茨城 栃木 群馬 の関東1都6県
 ・難病患者及びその家族を支援している団体(患者会等)も対象

● 助成金額
 半期1000万円予定
 1件あたりの上限額200万円(下限額は10万円)

● 受付期間 令和2年1月1日から令和2年2月29日(消印)

● ホームページのURL http://www.swf.or.jp/

[助成金等募集情報] 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 「障害児等の体験格差解消事業」

 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団から、「障害児等の体験格差解消事業」助成団体募集のお知らせです。
 
 公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団は、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律」に基づく「資金分配団体」として認定されました。

 休眠預金を活用して「体験格差解消事業」をさらに推進するため、NPO団体等を「事業者(実行団体)」として全国から10団体公募します。採択となった実行団体には2022年度までの3年間にわたり事業費等の助成を行います。

 障害児やひとり親家庭、児童養護施設の子供などを対象に海洋性レクリエーション等の自然体験活動を通じて、子供たちの心身の成長を促すとともに、インクルーシブ社会の実現に向けた取り組みを実行団体の皆様と一緒に進めていきたいと考えています。

■ 申請期間
2020年1月6日(月)~31日(火)

 詳しくは、公益財団法人ブルーシー・アンド・グリーンランド財団 ホームページをご覧ください。

[助成金等募集情報] 公益財団法人パブリックリソース財団 「子ども支援団体の組織基盤強化」

 公益財団法人パブリックリソース財団から、休眠預金活用法に基づく事業「子ども支援団体の組織基盤強化」助成団体募集のお知らせです。

 子ども支援に取り組む団体の組織基盤強化に対して助成金支援を行うことで、NPOが安定的・持続的に事業を実施し、子どもの健やかな育ちが実現することを目指します。

 ※本助成プログラムは、「民間公益活動を促進するための休眠預金等に係る資金の活用に関する法律(休眠預金活用法)」に基づく資金分配団体として実施します。

■ 支援内容
最大3年間で合計1,080万円の助成金の提供
以下の非資金的支援の提供(月1回程度の面談による支援が目安です)
 事業のロジックモデル策定・成果目標策定支援
 組織診断実施のサポート
 組織基盤強化の目標と計画策定支援
 組織における合意形成のためのファシリテーション
 組織基盤強化の取り組みを支援する専門家(コンサルタント)に関する情報提供あるいは紹介
 中間評価、事後評価の支援 など

■ ​採択団体数
4団体

■ 応募締切
2020年2月3日(月)(必着)

 詳しくは、公益財団法人パブリックリソース財団 ホームページをご覧ください。