前橋市市民活動支援センターについて 新着情報

新着情報

ボランティア・寄付したい

NPO法人 エコ・ボランティア「ボランティア会員募集」

NPO法人 エコ・ボランティア(Mサポ利用登録団体)からのお知らせです。

あいのやまの湯の西側公園、ホタルの継続と保護を行い、前橋の子供達の未来のために活動するボランティアをしてみませんか。

主に行うこと
1.春と秋に川の清掃と除草をします
2.ホタルを見に来る方を安全誘導します
3.夏休み子供教室「水辺生き物調べ」の開催手伝い

■ 申込み方法
(ホタルボランティア希望、お名前・連絡先)をお知らせください。
メール、電話にてお申し込みください。

■ 申込み・問合せ先
NPO法人 エコ・ボランティア
E-mail:ran_noncha_who@yahoo.co.jp
TEL:090-9822-0291 (担当:池田)

NPO法人 エコ・ボランティア ボランティア会員募集(PDF)

群馬バリアフリー観光情報局「ココフリ群馬」一緒に活動する仲間募集!

群馬バリアフリー観光情報局「ココフリ群馬」(Mサポ利用登録団体)は、一緒に活動してくれる仲間を募集しています。
障害のある人も、ない人も大歓迎です。
群馬の観光地に実際に行って、段差やトイレ、駐車場などを細かく調査します。
詳しくは、ココフリ群馬チラシをご覧ください。

Mサポ・サポーター 今年度最初の活動 4月11日(月)(情報紙等発送)

(4月11日追記)
Mサポ・サポーター 今年度の活動が始まりました。
情報紙等発送を4月11日(月)に9名のサポーターさんとともに行いました。
アットホームな雰囲気で封入、のり付け作業を協力して終えることができました。
サポーターの皆さん、ありがとうございました。
当日の活動の様子は、スタッフ通信をご覧ください。

「Mサポ・サポーター」活動のお知らせです。
4月11日(月)に情報紙等発送作業を行います。
お気軽にご参加ください。(ご無理のない範囲でお願いいたします)

※「Mサポ・サポーター」とは?
Mサポを応援していただけるボランティアが「Mサポ・サポーター」です。
できることをできる範囲で、一緒に楽しくやっていきましょう!
※報酬、交通費はありません。
※遅れても、早退されても大丈夫です! ご都合のつく時間でご参加ください♪

■ 日時
4月11日(月)14:00~16:00

■ 対象
関心のある人はどなたでも

■ 申込み
Mサポ窓口、お電話、FAX、もしくはE-mailにて

 

中央共同募金会「ボラサポ・令和4年3月福島県沖地震」(災害支援金) 寄付受付

中央共同募金会から、「ボラサポ・令和4年3月福島県沖地震」(災害支援金) 寄付受付のお知らせです。
クレジットカード、コンビニ等による寄付、銀行振込による寄付等を受け付けています。
詳しくは、ホームページをご覧ください。

Mサポ・サポーター 今年度最後の活動 3月23日(水)(ロッカー清掃)

(3/23追記)
ロッカー清掃 6人のサポーターさんのご協力をいただき、ロッカーをたいへんきれいにしていただきました。
ご協力をいただきありがとうございました。

詳しくは、スタッフ通信をご覧ください。

「Mサポ・サポーター」3月23日(水)はロッカー清掃作業を行います。
お気軽にご参加ください。(ご無理のない範囲でお願いいたします)

※「Mサポ・サポーター」とは?
 Mサポを応援していただけるボランティアが「Mサポ・サポーター」です。
 できることをできる範囲で、一緒に楽しくやっていきましょう!
※報酬、交通費はありません。
※遅れても、早退されても大丈夫です! ご都合のつく時間でご参加ください♪

※3月9日(水)のMサポ・サポーター(情報紙発送)の様子は、スタッフ通信をご覧ください。

■ 日時
3月23日(水)14:00頃~16:00  

■ 対象
関心のある人はどなたでも

■ 申込み
Mサポ窓口、お電話、FAX、もしくはE-mailにて

■ 問合せ先
前橋市市民活動支援センター
 〒371-0023 前橋市本町二丁目12-1 K’BIX元気21まえばし・3F
 TEL:027-210-2196  FAX:027-237-0810
 E-mail:21@maebashi-shiminkatsudo.jp

前橋市社会福祉協議会ボランティアセンター 「令和4年度ボランティア活動保険加入受付」

前橋市社会福祉協議会ボランティアセンターから、「令和4年度ボランティア活動保険加入受付」のお知らせです。

令和4年度ボランティア活動保険加入申込の受付を3月14日(月)より開始しています。

基本プラン、天災・地震補償プランに加えて「特定感染症重点プラン」が新設されました。

詳しくは、前橋市社会福祉協議会 ホームページをご覧ください。

群馬県立歴史博物館 ボランティア募集

群馬県立歴史博物館から、ボランティア募集のお知らせです。

■ 活動内容
ワークショップ、学校プログラム
その他、発送作業のお手伝い、イベント準備等のお手伝い

■ 募集対象
・歴史博物館活動に興味の有る高校生以上の年齢の方
・月1回程度の活動ができる方
・博物館職員と良好なコミュニケーションを築ける方
・歴史博物館ボランティアの目的を理解し、共感できる方
・研修に参加し、積極的に学ぶ意欲のある方

■ 活動日・時間
ワークショップ 土日祝日、夏休み等
 午前の部 10:00~12:00
 午後の部 13:00~15:00
学校プログラム
 9:50~15:00(学校の予約時間帯)

■ 申込み方法
① まず、お電話でご相談ください。活動内容等をご説明します。
② ご都合の良い日に、実際の活動の様子を見学いただきます。
③ 申込書に必要事項を記入し来館、もしくは郵送でお送りください。

■ 申込み・問合せ先
群馬県歴史博物館
 TEL:027-346-5522

群馬県立歴史博物館 ボランティア大募集(PDF)

NPO法人Mam’s Style 寄付品受付のお知らせ

NPO法人Mam’s Style(Mサポ利用登録団体)から、寄付品受付のお知らせです。

マムズスタイルは服や本など地域資源をサイクル(循環)し、コミュニティ・女性や困窮家庭支援へとその力を転換しています。家庭のご不要を社会へ生かしてみませんか。

■ 寄付したい方
・食品(保存がきくもの)野菜、お米、生活用品(せっけん、洗剤など)
・レディース服、キッズ服
・書籍(絵本~小説、ビジネス書)、おもちゃ

ご連絡のうえ下記住所までお持ちください。
NPO法人Mam’s Style
 前橋市敷島町241-2 2階
 駐車場:2台(建物横縦列)

■ 寄付品を無償で欲しい方(困窮家庭対象)
個別対応でお渡ししています。

■ 寄付品を購入したい方
居場所で販売またはオンラインでご購入いただけます。

詳しくは、以下をご覧ください。

NPO法人Mam’s Style ホームページ

NPO法人Mam’s Style Facebook

Mサポ・サポーター 3月9日の活動(情報紙発送)

「Mサポ・サポーター」3月9日(水)は情報紙の発送作業を行います。
利用登録団体等への情報紙の発送準備をMサポスタッフと一緒にやります。
お気軽にご参加ください。(ご無理のない範囲でお願いいたします)

※「Mサポ・サポーター」とは?
 Mサポを応援していただけるボランティアが「Mサポ・サポーター」です。
 できることをできる範囲で、一緒に楽しくやっていきましょう!
※報酬、交通費はありません。
※遅れても、早退されても大丈夫です! ご都合のつく時間でご参加ください♪

■ 日時
3月9日(水)14:00頃~16:00  

■ 対象
関心のある人はどなたでも

■ 申込み
Mサポ窓口、お電話、FAX、もしくはE-mailにて

■ 問合せ先
前橋市市民活動支援センター
 〒371-0023 前橋市本町二丁目12-1 K’BIX元気21まえばし・3F
 TEL:027-210-2196  FAX:027-237-0810
 E-mail:21@maebashi-shiminkatsudo.jp

群馬県  「災害ボランティアに係る動画配信」のお知らせ

群馬県からのお知らせです。

県では、令和3年度群馬県危機管理フェアの一環として、下記のとおり災害ボランティアに係る動画を配信しています。

(1)「災害ボランティアの固定観念を覆す!誰もができる災害ボランティア
    危機管理フェア×湯けむりフォーラム2021」

(動画はこちらから↓↓)
 https://tsulunos.jp/single.cgi?id=2148
(講師)
災害NGO結 前原 土武 氏
(概要)
近年、毎年のように全国各地で災害が発生し、多くの災害ボランティアが活躍しています。
「災害ボランティア=泥かきや家財だし等の作業」というイメージがあるかもしれませんが、
災害現場では誰もが自分の持つスキルや特性を活かし活躍することができます。 
今回は、災害支援コーディネーター 前原 土武 氏(災害NGO結代表)をお迎えし、全国各地
での災害支援のご経験をもとに、災害ボランティアや防災について熱く語っていただきました。
災害時に活かせるスキルや特性がきっと見つかるはず!

(2)「踏み出そう、災害ボランティアはじめの一歩~災害ボランティアぐんま~」

(動画はこちらから↓↓)
 https://tsulunos.jp/single.cgi?id=1009
(話者)
 災害ボランティアぐんま理事長 細金 義光 氏
(概要)
「災害ボランティアは大変そう」、「何から始めればいいの?」
「自分にできるの?」とお考えの方へ、活動経験豊富な災害ボランティアぐんま理事長から
メッセージをお伝えします。